RAINのインタビュー

おはようございます。25日を最後にTheBestShowが全て締めくくられました
ソウル参加の方々、、帰ってこられたかな・・・
まだ29日に参加のために滞在されている方もいらっしゃるのでしょうか
今まで2年2年・・・と書いておりましたが、兵役1年9ヶ月なんですね
2年は長いと感じるけれど、、1年9ヶ月って聞くと、1年とあと・・なんて思って
少しは短く思うかなあ(単純です)そう思わないとね・・・
ソウルに参加はできなかったけれど、いつの日かこの日を思い出せるように
残しておきたいと思います。
ソウルから帰ってきた人のメールを読むとあまりにも、
現実にもどりすぎて、、、、思い出しては泣いているって・・・007.gif
c0047605_6191464.jpg



http://www.youtube.com/watch?v=p6gmHDl2ap8

コメント欄より
入隊するその日まででも泣くつもりなかったのに、みんなのせいで・・・」
と、クルムカラノ映像と声援を受けて涙を見せたジフニの姿が忘れられません(ToT)/~~~by プク

♪Septemberの時飛ばした紙飛行機は、ご存知のとおり
黄色が「無事に帰ってくる事を祈る」という意味を含み、
ひまわり(向日葵)はいつも太陽に向かって咲くことから
「いつもあなただけに向かっています(見ています)」と
いう意味だと、韓国クルムチングに聞きました by maumu
c0047605_1738175.jpg

29日会員の方は確認してくださいね

映画の写真がアップされました
c0047605_1148270.jpg

c0047605_11465618.jpg
c0047605_1147585.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
c0047605_15493250.jpg
c0047605_15494374.jpg
c0047605_15495083.jpg
c0047605_15495893.jpg

c0047605_15537100.jpg


c0047605_1550683.jpg

c0047605_6165835.jpg
c0047605_6171158.jpg
c0047605_6171759.jpg
c0047605_6173661.jpg
c0047605_6174493.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

RAIN、ツアー終え、じっくりと入隊の準備

歌手ピが入隊前最後のツアーを終えた後、感謝の挨拶を伝えた。 彼は、25日の夜、自分のツイッターに"10年間で約120回のコンサートをした"とし、"来てくださったすべての方にありがとう。愛してる"という文を載せた。 書き込みに、自分の舞台を手伝ったダンサー、公演会場をいっぱい辛いファンを背景に撮影した記念写真もワンカット付け加えた。 ピ側は"来月9日、狎鴎亭CGV 映画館の前で、江南区庁が主催し、CJ E&Mが協賛している無料の公演以外にこれといった公式日程がない"とし、"軍入隊前まで、エムブラックなどの所属事務所の後輩や職員などと別に食事をすることにし、母親の酸素をお伺いしたり、家族とささやかな時間を過ごすことになるだろう"と話している。 ピは来る10月11日、京畿道議政府 306補充隊に入所して現役服務を始める。彼は先に"入隊は、余りにも遅いゴトガトア恐れ入りますっぽくきまり悪い"とし、"兵役の義務をより忠実に履行する"と入隊所感を表明した。

c0047605_6163489.jpg


'韓流スター'という修飾語がつくのスターたちが多かったように誕生したが'ワールドスター'という修飾語は
グエゲマン精通している。2002年デビュー後、RAINの歩みは、"初"の連続だった。
韓国歌手で初めて米国ニューヨークメディソンスクエアガーデンコンサート(2006年)、
国内歌手初のワールドツアー(2006年)、国内芸能人初の"タイム100"に選定(2006年、2011年)、
国内の俳優で初めてMTVミュージックアワード'最高のアクションスター賞"を受賞( 2010)...
十年RAINの活動は、"挑戦"の歴史なわけだ。
去る1969年に国内初のスポーツ芸能専門誌をはじめ、大衆文化界の発展を見守ってきた、
日刊スポーツの創刊祝賀インタビューに。
"2002年にデビューしたときに自分の成長期を書いた"スターストーリー"を連載していたところ
まさに日刊スポーツ"と言いながら嬉しそうにインタビューに応じたのRAINは
"前にいるときにもう一つの挑戦をしないと、競争相手にすぐに押されるだろうと思って耐えた。
日刊スポーツにも延々と変化し、挑戦しなければ淘汰されていないこと"とは、
"ワールドスター"のダウンロードアドバイスも忘れなかった。

-久しぶりです。どのように過ごした。

"ご存知の通り、来月11日に軍入隊を控えていて心が忙しい。
映画"飛翔太陽の近く"を撮った後にはファンとの最後の挨拶を交わすコンサート"レインザベストショー"全国ツアーをしている。
クリーンアップを行うことが多く24時間を分単位で分けて書いている"

-日刊スポーツと縁が多かった。記憶がちょっと飛ぶか。

"2002年"悪い男"でデビューした当時、日刊スポーツに"スターストーリー"が掲載された。
倍をかいているながら、歌手の夢を育てていた時代の話を初めて打ち明けた。
その年のゴールデンディスク賞新人賞を受けた。
また、 2003年百想芸術大賞で新人賞勇気を与えられました。
日刊スポーツの販売網が変更されたとき、直接事務局に行って、新聞配達にも参加した。
挙げてみると、膨大な縁だ。ハハ"

-最近のK - POPが世界的なブームだ。

ワールドツアーの最初のランナーとしての感慨が格別なようだ。
"K - POPの人気が一時の流行ではなく、根がしっかりするので良いです。
踊りと歌など実力で優れている。後輩たちが誇りに思う。
マシンも良くなっており、将来が明るい。
韓国で成功しなければ、アジアだけでなく、海外市場で認められる雰囲気機と胸がいっぱいだ。
" 2006年当時、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンのコンサートも話題であった。
今振り返ってみるとどうなのか。
"当時はちょっとオルトルトルしたが、今見るとかなりまともな一歩を踏み出したようだ。
当時、韓国人観客が30%、そしてアジアのファンが40%程度になった。
一部ではアジアが多いと皮肉るでもしたがこの頃世界的なK - POPの人気拡大に、
アジアファンの役割が大きかった。その公演を契機に、アジア市場での確固たる地位をがっちり固めることができた"

-韓国の歌手が特に人気がある理由は何か。

"韓国人のDNAソウル(soul)があるようだ。民謡やパンソリを聞くほどそんな気がする。
また、韓国の伝統的な踊りにも、最近のアイドルのパフォーマンスの秘密がないか、何よりもがむしゃらに練習している勤勉誠実を最大の武器のようだ"

-絶えず挑戦するRAINのDNAには何が聞いたか。

"幼い頃から安住してクトイラン考えた。デビューした時は、
最初の高く、ダンスをうまく踊る歌手であったが、その程度の新人はすぐに出ることができる。
それ私はそこにライブの実力を加算する必要がし、また、英会話の勉強をするなど、
他の武器を一つずつもっと磨い磨いた。
代替可能な存在といけないために、血吐いて練習した"

-挑戦と言う言葉は素敵にも、実際に勇気を出すのは容易ではではない。

"信じないいただけないかも知れませんが、明日にでもすぐに始めから始める自分がいる。
本当にそんなことができるので、失敗を恐れ挑戦を避けていない。
すべてを失っても、家族がそばにいる場合は、再起動することができる。
最近、非難に上がることがあったが、妥協が嫌いだった。
お金で解決を見た場合は、防ぐことができることもあったが、後の人生の後ろを振り返る見た時、
恥ずかしいか、後悔して生きる嫌い妥協していない"

-チョンジフンが描く30代の絵はどうなのか。

"10代にはとても大変でグムジュリョトジマン香水があった。
血を吐いて夢に向かってダンスを踊った。

20代には"RAIN"という名前で何かを成し遂げようとしている。
デビューして人気を得て、その愛に感謝し、エネルギーをごぼごぼ使って見ると、
いつの間にか年齢の前に'3'をつけた。
疲れが出て、インフルエンザがかかっても明け方まで練習を欠かしたことがなく過ごした。

30代には、柔軟な人になりたい。これで、より採用し、柔軟に対処することを知る竹のような姿になったらと思う。
人生を楽しむことができる素敵な30台になってみたい"

-軍入隊をアプドォ考えが多いだろう。

"考えても多くて体も心も忙しい。あまりにも計画を立てて好きな性格だと、
最近除隊後の計画をすでに立てている。
過去の失敗したことに対しての欠点を補完し、これまで逃したこともしなければならない。また、軍隊に行ってどのように懸命に訓練受けるのかお悩みのに考える余裕がない。
これまでの活動するのに釘チェンギョトドン周りの人々も振り返って、
自分の人生を振り返る時間にならないか。新しい友達に会うことも期待される。
軍入隊が人生のターニングポイントとなりそうだ。
他の人も行く軍隊なので、静かに行ってもどこでも熱心に奉仕したいと思う。"

c0047605_9224457.jpg

キムソナがRAINコンサートを観覧しながら感じた感動をもう一度伝えた。
キムソナは26日、"闘魂"を促進するためのインタビューの中で、前日に行ってきたRAINのコンサートの話を持ち出した。
彼は"久しぶりに心の行をした。ほとんど魂が抜けた状態での公演に没頭した"と述べた。
キムソナはRAINの招待で、会場を訪れた。
3年前の縁がきっかけとなった。2008年10月MBCスペシャルピカムバックショーとキムソナがゲストとして出演した。二人は素敵なハーモニーでタンゴダンスを披露した。以来、兄妹のように仲がいい関係を続けてきた。
キムソナは"RAINが軍に入隊する前の最後の公演といって会場に行った。とても快適に大声を出して踊りながらお楽しみですか周りからちょっと優しくするようにマンリュハルほどだった"としながら"2時間以上走ったところで、全身が汗でぬれていた。時には、このように生きてはならないという思いをした"と明らかにした。
10月11日に軍に入隊してRAINに応援のメッセージを送った。
キムソナは"RAINのコンサートに招待を受けたのだから入隊するときは、私が何か贈り物をしなければならないようだが、まだ考えて見たことがないので、何卒健康に行って来てほしい"と付け加えた
source
c0047605_9255542.jpg


c0047605_1152510.jpg

c0047605_11523379.jpg


c0047605_10471796.jpg
c0047605_10472644.jpg
c0047605_10473213.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~
055.gifメールを頂きました
まだ、韓国にいらっしゃる方も多いのかな・・・
一昨日ジフニは打ち上げのお店に20分位いて急いで食事して帰ったと
○○の店長が言ってました

sorce

RAIN

ファン・ジョンウム、『フルハウス2』キャスティング協議中
タレントのファン・ジョンウムとノ・ミヌが、人気ドラマ『フルハウス』の新しいシーズン『フルハウス2』の主人公として協議中であることが分かった。

26日、ファン・ジョンウムの所属事務所側によると「ファン・ジョンウムはドラマ出演を考慮中」と明らかにした。ウォン・スヨン作家の原作漫画『フルハウス』が2004年にドラマ化され、RAIN(ピ)とソン・ヘギョが主演で大人を集めた。特に歌手RAINは俳優として認められるきっかけになった作品でもある。

ドラマ『フルハウス2』は、その後の『フルハウス』が描かれる予定で、現在テレビ局の編成は確定していない。

発売予定日は2011年10月7日
「フルハウス」 ビジュアルオリジナルサウンドトラックDVD
「フルハウス」 ビジュアルオリジナルサウンドトラックDVD


♪「Baby U!」リリース記念購入者限定イベント【ハイタッチ会&“ 超”限定LIVE&大BINGO大会!】も開催決定~!

10月26日発売MBLAQ「Baby U!」の初回生産限定盤A/B/C、初回仕様限定盤に
【イベント参加券】又はMBLAQトレーディングカード(5種類のうち1種)が封入されています。
【イベント参加券】をお持ちの方は、東名阪で行うリリースイベントにご参加できます。
当日【イベント参加券】をご持参いただいた方に入場整理券と引き換え致します。
入場整理券引換時間は下記を予定しております。
2011年10月28日(金)名古屋
 14:00~17:30
2011年10月29日(土)大 阪
 12:00~14:30
2011年10月30日(日)東 京
 10:00~13:30
・参加人数によって入場時間を指定させていただく場合がございますのであらかじめご了承下さい。
・上記の時間内に受付をされた方はハイタッチ会にもれなく参加出来ます。

2011年10月28日(金)名古屋

DIAMOND HALL→ZEPP NAGOYA
※会場が変更となりました。
2011年10月29日(土)大 阪

大阪城野外音楽堂

2011年10月30日(日)東 京

新木場STUDIO COAST

MBLAQ BABY U!

Baby U!(初回生産限定盤A)(DVD付)

Baby U!(初回生産限定盤B)(DVD付)

Baby U!(初回生産限定盤C)(DVD付)


c0047605_23365982.jpg

by pipi-rain | 2011-09-27 08:19 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/16902557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kako at 2011-09-27 14:15 x
pipiさん毎日の更新、またたくさんの情報を上げてくれたファンの皆様本当にありがとうございます。ソウルに行けなくても、胸が熱くなりました。これからのRAINの成長を楽しみに待っています。
Commented by pipi-rain at 2011-09-27 17:28
kakoさん、こんにちわ~~
ふ~~って気をゆるめていたら、ぐんちゃんが
RAINの寝顔アップしています
あんまり寝顔の写真は撮っちゃダメなんて
聞いたことがあるけれど、そんなことは今は言わないのかなあ~
Commented by にゃあママ at 2011-09-27 17:49 x
隊長、そしてソウルよりお帰りの皆様
コンサ中や、時間との戦いのさなかにも
かかわらずレアな情報を送ってくれた
みなさんに本当に感謝しています。
 
なかなか日常に復帰できずにいますが
新たな目標も(空軍へ人間差し入れ(^◇^))
出来ましたのでそれに向かって
まい進いたす所存です。

しかし、ジフニの寝顔(*^_^*)
なんて愛おしいんでしょう❤
何をどーすれば個人的にこのお顔が見れるんでしょうか。
2年の間考えることにします。

ソウル帰りの方々~
お疲れがでないようにしてくださいね。



Commented by ikupi at 2011-09-27 19:29 x
今晩は、初めてコメントを書かせて頂きます。
いつも、沢山の情報をありがとうございます。

24日のソウルツアーに参加致しました。
スタンディング席で、初生ジフニ、初韓国。
今でさえ、夢の様なひと時でした。コンサート途中のあどけない表情や、笑顔、一生懸命歌う姿、
最後のステージでの記念写真を撮り終えた後の丁寧な一礼…
すべて愛おしく感じます。

次の日にお会いした、韓国の方が、兵役は1年10か月と言われて居ました。
私はジフニペンになってから、日が浅いので、実にこの期間は彼の作品を、めいっぱい味わいながら、喜んで待ちたいと思っています。彼なら、期待以上の素敵な男性に成長して、帰って来てくれるはずですから。
pipiさんも、どうぞ頑張って、私達に情報を発信し続けて下さい!
よろしくお願いします。
Commented by pipi-rain at 2011-09-27 20:28
にゃあママさん
何をど~すれば個人的にこのお顔が・・・
2年間じっくり考えてみてください
答えが出たら教えてね
Commented by pipi-rain at 2011-09-27 20:31
ikupiさん初めまして
コメントありがとうございます
初生ジフニをTHE BEST SHOWで見てしまったんですね
これはたいへんですよ
1年10ヶ月充分まてますね
もしかすると足りないかも・・・
きっと除隊の時には、管理人より詳しくなっているかも・・
ikupiさんのためにも、、なんとかボチボチやっていきます
走りすぎてもつかれるので。。。
ありがとう~
Commented by konpon at 2011-09-27 21:19 x
まだまだコンサートはつい数日前のことなのですが、なんだか遠い日の夢だったような気がします。
真夏のように暑かった東京・神戸からほんの2週間少しで、季節はこんなにも涼しくなっていました。
Rain のラストコンサートにはメッセージがこめられているように思いました。maumuさんが書かれていたようにエンディングのマイケルソングもそうでしたし、彼はこのソウル2日間に関してはMCが少なかったように思います。
一切の無駄を省いてありのままの自分を全部ファンにプレゼントしてくれた感じを受けました。
初日、1曲目と2曲目の間に新しいダンスが入りました。
(進化し続けているんだなーー)
と感心していましたが、練習時間が取れなかったためか、ダンサーさんとの息が今ひとつ揃っていなかった印象を受けました。
2日目、やはりそのダンス部分はカットされていて、元のステージに戻っていました。常に完璧を目指すというその一端を垣間見た思いでした。
Commented by konpon at 2011-09-27 21:19 x
今回のラストのひまわりカチューシャと紙飛行機とメッセージカード、韓国の方が沢山準備してくれていて並んでいる間にみんなに配ってくれました。ひとつひとつに、その出すタイミングが数ヶ国語で書かれていました。ナップンナムジャでひまわり・セプテンバーのさびで飛行機を飛ばす・クルム映像でメッセージボードを出す、という具合でした。
ひたむきにがんばる彼が居て、その彼を応援する沢山のファンの気持ちがひとつになって、またそれを一生懸命準備してくださったかたが居て、その結果がこんなに思い出深いすばらしいラストシーンを作ったのだと思いました。
Commented by konpon at 2011-09-27 21:36 x
最後の挨拶の時も、動画にあるようにこみ上げてくるものがあり、何回も言葉につまり後ろを向くのですが、うしろはスタンディングエリアで彼にとっては隠れる場所のないステージ上。泣き顔を見せたくなくてたまらずにステージ上に置いてあったサングラスを拾って目を隠したといった感じでした。
けど、こらえきれずに何回も(ウッ!!)と言葉につまりながらサングラスの下の涙を指で押さえ、切れ切れに話をしてくれました。
言葉に詰まるとすかさずあちこちから(オッパサランへー)(キダリケヨーー)と黄色い掛け声が飛び・・・・
ダンサーさんたちと水を掛け合いいつもと同じようなラストシーンではありましたが、最後どこからともなくおこった拍手とチョンジフンコールの中、舞台からそでにはけていくRainの姿はやはり特別なこの日の象徴でした。
Commented by みぽりん at 2011-09-28 23:27 x
konponさん~感動のレポートありがとうございます!

どこの国だったか忘れましたが、東南アジアで、F1の会場に参加されたときの、丘を走るレポからkonponさんのファンです♪


<< RAIN、ソウル江南(カンナム... RAIN ソウル公演終了!待っ... >>