[金正日死亡】ヒョンビン、ピなど軍に行ったスターは?

【金正日死亡】ヒョンビン、ピなど軍に行ったスターは?
c0047605_16215069.jpg

[イーデイリースターinジョオヨウン記者] 19日、金正日総書記の死亡(17日)のニュースが伝えられた中で入隊したスターたちの近況にも関心が集まっている。特に、合同参謀本部が全軍非常警戒態勢に突入することにより、現役服務中のスターファンの心配が大きくなっている。一部では1994年7月、金日成が死亡したとき、現役の軍人は、軍で遺書を書いて、警戒態勢に臨んだという武勇伝も漂っていてファンたちの心配がより一層深くなった状態。しかし、国防広報院の関係者はこの日、サンケイスポーツスターinに"遺書を書くなど、の仕事は昔も今も全くない"とし、"非常警戒態勢と言って特別なことはない。また、現役の芸能兵士の例外規定もない。各自普段引き受けた任務の責任を全うするだけ"と伝えた。現在、現役服務中の代表的芸能人は俳優ヒョンビン、チョンテウ、イムズファンをはじめ、歌手ピ、フィソン、T - MAXキムジュン、青いライオンなどがある。最前線に配置された戦闘兵はない。海兵隊に志願入隊をペンニョン島戦闘兵に配置されたヒョンビンは去る11月の一等兵にジングプヘ現在、京畿道華城の西北図書防衛司令部の広報兵として服務中であることと知られた。
Rain(ピ)は、去る10日、11日現役で入隊、5師団新兵教育大隊で助教で服務中だ。5師団は、京畿道漣川郡、休戦ライン地域に駐屯している最前線の部隊はあるが、調教がGOP戦闘兵に移管されることはまれである。ただピは来年1月100日の休暇を受ける予定だったが、現在のところ不透明だ。軍関係者は"現在、休暇中の兵力も、復帰中"とし"状況が安定するとしても、一定期間欠員(ヒュガジャ)を最小化するしかないだろう"と語った。 ピに続き論山(ノンサン)訓練所助教に異動が確定されたフィソンは去る14日、退所後の補充教育を受けている。その他に先立ち、9月に入隊したグループT ​​- MAXキムジュンと青のライアンは、それぞれの義務警察、空軍軍楽隊で服務中だ。それぞれの所属事務所関係者は"金正日の死亡により、南北の平和への扉がトゥイギルを期待する"と言いながらも"特別なことはないだろうが天気も寒いのに心配になる。どうしてこの時..."と切ない本音を打ち明けた。一方、北朝鮮の朝鮮中央TVの朝鮮中央放送など、北のメディアはこの日の昼12時の特別放送で、金総書記が去る17日午前8時30分現地指導の電車の中で、重症急性心筋梗塞と心臓ショックの合併で死亡したと報道した。韓米はこれに対北情報監視態勢である'ウォッチコン'を3段階から2段階で、対北防御準備態勢であるデフコンは4段階から3段階に格上げする案を検討しているという。合同参謀本部は、現在の前方地域の北韓軍特異動向は確認されなかったと説明した
source
by pipi-rain | 2011-12-19 16:21 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/17222183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by てるりん at 2011-12-20 01:07 x
pipiさんRAINを愛するみなさんこんばんは。
pipiさん一番気になる、興味深い記事ありがとうございます。
すこし、ほっとしました。
ジフニの休暇が不透明とのこと。仕方がないですね、有事ですから。
こういう時はどうしてもいろいろ考えざるおえなくなります。
ただ、誰もどこの国の方々も不幸にならないことを願うばかりです。


<< アーティスト軍部隊の住所のご案内 そろそろクリスマスモードに・・・ >>