Rain一般的な病気と同じ休暇適用...兵士に責任転嫁論争

c0047605_0485086.jpg


国防部、芸能兵だけ倒せば良い?

一般的な病気と同じ休暇適用...兵士に責任転嫁論争
芸能兵軍旗引き締めるに出た国防部の甲論乙駁が続いている。 国防部側は24日、 "広報支援兵(芸能兵士)に好みを与えるという誤解を除去するために一般兵士と同じ休暇の基準を適用することにした"としながら"対外イベント終了後褒賞休暇や外泊などの別途の恩恵を与えることも防ぐようにした"と明らかにした。 行事·放送出演などを理由に受けた芸能兵の褒賞休暇を一般士兵レベルに削減することが主な内容だ。公演準備を理由とした無分別な外泊や外出を禁止して公務外出時には幹部が同行し、当日部隊復帰することを明示した。 国防部の今回の措置は、軍服務中の雨の練習などを理由に公務外出を私が俳優キム·テヒとの個人的に会う場面をパパラッチ媒体が報道しながら始まった。火の粉が芸能兵の好み是非でトィミョンソこれに対する特段の措置を国防部がとることになった。 しかし、これに対する反発も侮れない。芸能兵の国防部の二つの顔からである。入隊前には芸能兵でサポートさせるためにさまざまな方法を動員したら、問題がはみでるとすべての責任を兵士に向けているという感じを消すことができないからである。芸能兵として勤務していた歌手Aは"コストの問題で練習室や録音スタジオなどの施設をサポートなし芸能人だけ確保して安く促進しようとだけする。コマンドに応じて、服務する芸能兵に大部分なのに、問題が起きるたびにすべての責任を兵士にあるようで苦々しい"と話した。




青い巨塔"チェ·ジョンフン、芸能兵論争に "偏見のようだ"一針




"カメオでユ·スンホきたら"実名挙げに爆笑
c0047605_0333812.jpg


放送チェ·ジョンフンが"芸能兵論争"について口を開いた。チェ·ジョンフンは16日、ソウル光化門よりステーキハウスで開かれたケーブルチャンネルtvN軍デカールドラマ"青い巨塔"(演出ミンジンギ、脚本ギムギホ)共同インタビューで" "芸能兵は楽だ"という考えは偏見であるようだ"と慎重に語った。彼は"職業が芸能人なので抜擢されたのではないのか。もちろん、私が芸能兵ではないが... "と言いながら"芸能兵に行く友達や、他の場所に行く友達や、実際に私たちのプログラムにカメオで出演をして軍生活を見に行くのも悪くないようだ"と言葉を続けた。チェ·ジョンフンは"ユ·スンホさんとか、軍入隊を控えた方が来てくれると覚悟も固めの良い機会になるようだ"と実名を言及して笑いをかもし出した。一緒に参加したミンジンギPDは"青い巨塔"で芸能兵が登場する可能性の線を引いた。民PDは"最も重要なのは共感のようだ。芸能兵は、どうやら一般的な状況はないじゃないか。基本的な男たちの生活の中で彼らの話を描きたい"と計画を伝えた。"青い巨塔"は思い出の軍隊エピソードを細かい心理描写で扱ってたシチュエーションドラマで芸能プログラム" ローラーコースター 2 "のコーナーだったが、人気に力づけられて、今回独立編成された。チェ·ジョンフンは劇中で除隊を控えて大袈裟に、仮病、面倒、不満がピークに達したが、最も上級のとしての魅力を持った末年兵長役割を演じる。


c0047605_0312834.jpg
c0047605_0313469.jpg
c0047605_0314254.jpg
c0047605_032127.jpg


c0047605_0512295.jpg


~~~~~~~今日のミーハー056.gif

韓国のニュースを見ていたらトップにこのような記事が・・・
韓国で舞台をするんですね

広末涼子 "チョナンカンと一緒に韓国来ました"(耐寒)
c0047605_8172353.jpg

日本の俳優広末涼子が27日午後、演劇"私に火の戦車を"出演車金浦国際空港を通じて訪韓した。草なぎ剛(チョナン·カン)、チャ·スンウォン、広末涼子、香川照之、キム·ウンスなどが出演する演劇"私に火の戦車を"は100年前に京城を舞台に、歴史の渦の中に飲み込まれた人々の運命そして国境と身分を越えて韓国芸術文化のために命をかけて戦ってきた男たちの友情と愛に関する話に来る30日から来月3日まで、ソウル中区奨忠洞国立劇場で公演される

草なぎ剛、広末涼子、香川照之が舞台で共演!日韓の歴史をテーマにした大作

c0047605_8222672.jpg


[シネマトゥデイ芸能ニュース] 今年11月に開幕する舞台「ぼくに炎の戦車を -Bring me my chariot of fire-」で、SMAPの草なぎ剛と広末涼子、そして香川照之が共演を果たすことが明らかになった。日韓の歴史を題材にした同作は、東京・大阪で上演された後、来年1月には韓国で上演されることも決定している。

 同作は、2008年に「焼肉ドラゴン」で国内の演劇賞を総なめにした鄭義信の新作。1924年の朝鮮を舞台に、韓国の伝統文化を愛した実在の人物・柳宗悦と、彼を取り巻く日韓の人々をモチーフに、民族や政治、戦争を超えた人間ドラマを描き出している。

 草なぎが演じるのは、柳がモデルとなっている青年教師・柳原直輝。自身「チョナン・カン」名義で韓国進出するなど、韓国とゆかりのある草なぎが、白磁に代表される韓国の文化を愛し、それ故に日本と韓国の心を痛めるキャラクターだ。

 その妹・松代には広末が、松代の夫・大村清彦には香川がふんしているほか、ジャニーズJr.の高田翔、成河、馬渕英俚可、青木崇高、安寿ミラが出演。さらには韓国から「ATHENA -アテナ-」のチャ・スンウォン、『外事警察 その男に騙されるな』のキム・ウンスが出演する。

 当時はガラクタと評されていた白磁の世界と共に、本作で描かれるのは、日本人からは迫害され、韓国人からも「かわらこじき者」としてさげすまれていた野外大衆芸能を生業とする「男寺党(ナムサダン)」。作・演出の鄭は、彼らが亡くなったときもただ石を積んで弔うしかなかったと聞いたとき、涙したというエピソードを挙げ、「この見捨てられた人々の物語を誰かに語りたいと思ったのだ」と制作理由を明かしており、本作はその言葉の通り、日本と韓国での上演が決定。多くの人々が注目する舞台作品となっている。(編集部・福田麗)

c0047605_8223652.jpg


by pipi-rain | 2013-01-28 07:28 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/19193206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maumu at 2013-01-28 11:20 x
ランチ前コメ~^^m 千葉県は雪ですが、東京は晴天です@@

週末金曜夜から長野と新潟の県境近くのスキー場に恒例の合宿に
行ってきました~~。土曜はホワイトアウトになるくらいの雪の中、
夜の雪見露天風呂と宴会を思い浮かべながら、アジュンマボーダーも
がんばりました。

日曜はありがたい事に、青空のいい天気になり、綺麗な雪景色を
楽しみながらの滑りができて、気分よく無事帰京。
帰宅後、筋肉痛をほぐすため、今回同行した姪っ子と後楽園
ラクーア温泉に行き、月見露天風呂とマッサージで極楽気分でした。
しかし、やはり今朝はまだ筋肉痛残っています。。。
午前休がとれたので、会社はお昼から出勤ですが、午後からは
極楽から一転、仕事地獄が待っている・・・トホホ。
  
2年前さっぽろ雪祭りの時は、Rainと同じ時間に同じゲレンデで
スノボという、びっくりのニアミス事件^^があった事を思い出します。
が、Rainは入隊中はスノボもできないんだろうな・・・
いろいろなこころ無い報道に負けずに、任務終了して除隊してきて
欲しいですね。 さ、私も入隊^^(出社)準備しなくちゃ~
Commented by pipi-rain at 2013-01-29 08:11
maumuさんおはようございます
日曜日は満月だったようなのですが、、雪景色に満月は見る事ができましたか。。あいにく大阪は曇ったり雨だったり、、
最近は寒いので体がかたまってしまって運動不足になりがちなのですが
さすがmaumuさん運動して筋肉も動かして、そして温泉にマッサージ
いいですね~
2年前のさっぽろ雪祭りのときあの看板の前の写真をみて
近くで滑っていたのに~というのはしっかり覚えていますよ
かなり悔しかったですよね
Rainはスノボどころか公演のあとの筋肉のほぐしや
温泉なんて・・・
きっとつらいとき日本の北海道のスノボのことや
温泉のことを思い出しているのではないでしょうか

maumuさん今週もかんばってください!!


<< Rain HIM 12.6  国防部、RAIN議論に対策を設... >>