歌手Rainの清潭洞の建物

今日は立春
立春は、冬至と春分の間の2月4日頃に当たります。また、この日から雨水(2月19日頃)までの期間を立春と呼ぶこともあります。立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。いろは辞典
昨日の節分豆まきされましたか?私は巻き寿司をつくり、いわしを食べました
豆まきは・・最近していないなあ..

また悲しいニュースが入ってきました市川団十郎さん死去 66歳、江戸歌舞伎で豪快な荒事

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

節分もすんで、立春となりました
気持ち新たにがんばります
c0047605_171292.gif





c0047605_19491831.gifrain625フォローしていただけると更新をお知らせします



歌手Rainの清潭洞の建物

清潭洞ビルで80億差益

このニュースのタイトルは
"キム·テヒの男 'ピ' 170億ビル4年ぶりに"でした・・・033.gif

江南区狎鴎亭〜清潭洞一帯に造成される"韓流スター通り"徳を歌手ピ(30·実名チョン·ジフン)がたっぷり見ている。近隣に買収した清潭洞の建物の価値が上がり、約80億ウォンの相場差益を得た。ピは今後、この建物をホテルに伸縮して賃貸収入を上げるという計画も立てた。3日ビル専門仲介業者ウォンビル不動産仲介によると、歌手ピは去る2008年8月、ソウル江南区清潭洞島山大路の裏に位置し、建物と土地を168億5000万ウォンで買収した。現在この近隣相場を考慮したこのビルの価値は250億ウォンほどだ。ピはこの建物に約80億ウォンの相場差益を得たわけだ。狎鴎亭に79道と島山大路85道の間の角に位置し、ピの建物は大地1024.80㎡、延べ面積852㎡、地下1階〜地上2階規模だ。第2種一般住居地域にあり、稼動やか銅に区分されている。フロアにレストランや近隣生活施設、事務所などの用途に使用されている。地下鉄7号線清潭駅から徒歩8分の距離であり、新盆唐狎鴎亭ロデオ駅も近い。昨年下半期江南区庁造成すると発表した'韓流スター通り"までは直線距離で約800mです。韓流スターの距離は鴨鴎亭洞SMエンターテイメント社屋から清潭洞キューブエンターテイメント社屋まで1.08㎞に至る区間で江南区は、これを作る事業に4年余りの間、100億ウォンの予算を投入する。韓流のために外国人観光客がたくさん訪れるが観光案内板や造形物などがないという理由からだ。業界で"投資の鬼才"と呼ばれるピは清潭洞の建物を買うとき、私たちの銀行で50億ウォンを借りたことが分かった。登記簿謄本に債権額60億ウォンで、我々の銀行に根抵当決まっている。その他根抵当権はない。最近の金利、年4〜4.5%で計算してみるとピは毎月1600万〜1800万ウォン台の利子を銀行に出している。ピの建物には、TKEエンターテイメント、ウェディングショップ、ジュエリーショップなどがテナントとして入ってきており、使用料を受けて利子を保全するものと推定される。さらに、ピはこの建物を小規模公演場を添えたブティックホテルで、新築しようと推進しており価値の上昇も予想さされる。既にピはこのため、昨年江南区役所に設計変更案を提出した。近隣の道路幅が狭いのがネックだとしても、ホテルが建設されれば、韓流スターの街づくりとかみ合ってかなりの収益を得ることができるという説明だ。グォンオジン円ビルチーム長は"ピ建物は清淡洞で探すのが難しい大規模な開発用地にあってコーナーに位置してアクセシビリティと可視性が優れている"とし、"韓流スターの街づくり事業に近隣道路と環境が整備されて島山大路の裏面を基準に企画会社と芸能人たちが建物を買い取る傾向と今後の投資価値の上昇が予想される"と話した。

もしこのニュースのように計画が実行されれば、またソウルへ行く楽しみが増えますね
c0047605_749654.jpg


歌手ピが所有している江南区清潭洞素材の建物(出典:ウォンビル)

以前事務所の下にカフェを考えているとか言っていましたよね・・・
maumuさんが以前撮ってくださったお土産写真
c0047605_861689.jpg


c0047605_883381.jpg

source


~~~~~~~~~~~~~~~~
c0047605_863419.jpg
c0047605_864061.jpg
c0047605_864651.jpg
c0047605_865279.jpg



by pipi-rain | 2013-02-04 08:09 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/19225654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rain 7年前のRAIN 日... Rain 雑誌あれこれ >>