芸能兵士廃止…SE7EN、イトゥク、イ・ジュニョクら全員が前線部隊へ“実戦に合わせた任務と訓練”

c0047605_7562999.jpg


芸能兵士廃止…SE7EN、イトゥク、イ・ジュニョクら全員が前線部隊へ“実戦に合わせた任務と訓練”

国防部が国防広報支援隊・広報支援隊員(以下「芸能兵士」)制度の廃止を決定した中、現在芸能兵士として服務中の兵士全員が江原道(カンウォンド)と京畿道(キョンギド)一帯の前線部隊に配置される予定だ。

国防部は18日、国防部は報道資料を通じて、芸能兵士に対する監査結果を発表した。これに対する今後の措置として、広報支援隊員制度を廃止することに決定したと明らかにした。

これにより、事件の発端となったSE7ENやMighty Mouthのサンチュをはじめ、芸能兵士として服務中のSUPER JUNIORイトゥク、キム・ムヨル、イ・ジュニョクなどの12人は、8月1日から前線部隊に再配置される予定だ。

国防部は、彼らの再配置地域について、1軍と3軍司令部・隷下部隊に限定した。現在、陸軍は江原道地域を1軍司令部が、京畿道地域を2軍司令部が務めている。

1軍と3軍司令部は、「野戦軍司令部」と呼ばれる実戦に合わせた任務と訓練を行っている。主にこれらの司令部の傘下軍団は、前線を担当するGOP部隊と最強の戦力を備えた予備師団で構成されている。もちろん動員師団に配置される可能性もあるが、大半が実戦に重点を置いている。

ただし、残った服務期間が3ヶ月以内であるKCM(本名:カン・チャンモ)をはじめ、チョン・ジュニルなどの3人は、国防部勤務支援団に配備され、一般兵士たちと軍生活を送る予定だ。

国防部は、広報支援隊員の廃止理由について「広報支援隊員制度の運営趣旨が、軍の広報と将兵の士気向上のためのものだったが、相次いで発生した不快な問題により、韓国軍のイメージを失墜させ、特に誠実に軍の服務に取り組んでいる将兵の士気を低下させた。軍の広報のための制度であるだけに、国民の信頼が何より重要であるが、さまざまな問題によって広報支援隊員に対する国民の信頼が失われたためだ」と伝えた。

これに先立ち6月25日、国防部は芸能人兵士たちが江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)にて行われた「6.25戦争63周年記念行事」に参加した後、マッサージ店を訪問した事実がSBS「現場21」を通じて報道されると、状況把握のために監査に突入した。

“芸能兵士廃止”SE7ENやサンチュが再配置される野戦部隊とは?

国防部が芸能兵士制度を廃止すると決めた中、懲戒対象の芸能兵士たちが再配置される“野戦部隊”に関心が集まっている。

野戦部隊とは、韓国の国軍部隊のほとんどを通称する言葉だ。野戦輸送部隊、野戦砲兵部隊、野戦司令部などの部隊のフルーネームを省略し、野戦部隊と通称する。北朝鮮からのスパイを捕まえる機務司令部、化学・生物学的武器や放射能の防御に務める化生防防護司令部などの特殊任務を務める部隊を除くと、ほとんどの部隊が野戦部隊に属する。

最近宿所を離脱し、風俗店を訪れて物議を醸した一等兵Mighty Mouthのサンチュ、SE7ENをはじめとする懲戒対象の6人は1、3軍司令部所属の野戦部隊に再配置される予定だ。

これに先立ち、18日午前国防部は公式発表を通じて芸能兵士15人全員を来月1日に服務部隊を再分類し、配置することを伝えた。芸能兵士として分類された15人はSE7EN、サンチュ、sg WANNA BE+のイ・ソクフン、キム・ホヨン、リュ・サンウク、SUPER JUNIORのイトゥク、キム・ムヨル、キム・ミンス、イ・ヒョクギ、イ・ジュニョク、チェ・ジェファン、チョン・ジュニル、キム・ギョンヒョン、KCM(本名:カン・チャンモ)だ。

この中で残りの服務期間が3ヶ月以内であるKCMとキム・ギョンヒョン、チョン・ジュニルは国防部勤務支援団に残留し、一般兵士と同じ勤務に務める予定だ。

芸能兵士の廃止が決定“一線部隊に再配置”

国防広報支援隊員、別名“芸能兵士”の廃止が最終的に決定した。

国防部は18日、“マッサージ店(風俗店)物議”などが浮上した広報支援隊員(以下「芸能兵士」)制度を廃止することにしたと発表した。

国防部は同日、報道資料を通じて、芸能兵士に対する監査結果を発表した。これに対する今後の措置として、広報支援隊員制度を廃止することに決定したと明らかにした。

国防部は、広報支援隊員の廃止理由について「広報支援隊員制度の運営趣旨が、軍の広報と将兵の士気向上のためのものだったが、相次いで発生した不快な問題により、韓国軍のイメージを失墜させ、特に誠実に軍の服務に取り組んでいる将兵の士気を低下させた。軍の広報のための制度であるだけに、国民の信頼が何より重要であるが、さまざまな問題によって広報支援隊員に対する国民の信頼が失われたためだ」と伝えた。

これとともに国防部は、現在広報支援隊員である15人については、8月1日から服務部隊を再分類して配置する予定だ。このうち、残りの服務期間が3ヶ月以内の兵士(3人)は、除隊までの期間があまり残っていない点を考慮して、国防部勤務支援団に残留させるという計画だ。

一方、現在行われている国軍放送の慰問公演番組である「慰問列車」の公演は、外部からの一般出演者を追加で投入し、訪問部隊に服務している才能のある将兵が慰問公演に直接参加する方向で補完する計画だ。また、広報支援隊員が出演していた国防ラジオおよびテレビ番組は、今年下半期は現役アナウンサーおよび内部の職員を交代で投入して運営され、2014年以降は民間の司会者を追加交渉し運営する。

国防部と国防広報院は、「国民が希望し、国民の目線に合わせた軍広報のために最善の努力を尽くす」と付け加えた。

これに先立ち6月25日、国防部は芸能人兵士たちが江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)にて行われた「6.25戦争63周年記念行事」に参加した後、マッサージ店を訪問した事実がSBS「現場21」を通じて報道されると、状況把握のために監査に突入した。





by pipi-rain | 2013-07-19 06:30 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/20518115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-07-19 07:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pipi-rain at 2013-07-19 07:52
鍵コメさま おはようございます
また出てきましたらこちらでアップしますね


<< RAIN、8月のファンミとタイ... Rainファン 本日決戦の日。。。 >>