国防部 "RAIN再入隊する根拠は全くない"公式立場

更新遅くなりました
再入隊?と入ったニュースを多く目にし。。どうなっているのか
どうしてこんなふうに。。と思っているうちにこんな時間になってしまいました

国防部 "RAIN再入隊する根拠は全くない"公式立場


国防部が歌手ピの再入隊推進論議に対する公式立場を伝えた。 国防部関係者はティブイデイルリとの通話で"RAINが再入隊する理由と根拠が全くない"と7日明らかにした。 引き続き"RAINは現役で正式に入隊して芸能兵士にした後、芸能兵士として派兵され、正常に軍服務を終えて除隊した"とし"軍服務中間違った点については、懲戒の両方を受けて、グローバルしたため、再入隊とは全く関係がない"と説明した。 前に国会国防委員会所属の民主党のキム·グァンジン議員は6日、 "芸能兵士選抜の過程で10人の書類が不備したにもかかわらず、そのまま合格になった。問題になることだから、原則的には、これらが再入隊接するべきだ"と問題を提起した。 これに関連しキム·グァンジン議員側ティブイデイルリとの通話で、 "最近の芸能兵士全体を対象に、国防部監査の調査が行われた結果を閲覧したギムウイウォンが、これらの再入隊を推進したわけではない。問題提起をしたのは事実だが、これは、国防部が判断することだ"と伝えた。

RAINに再入隊の可能性が浮上…国防部「再入隊は難しい。違法はない」

国防部が、最近浮上した歌手RAIN(31、本名:チョン・ジフン)の再入隊推進議論について「再入隊は事実上難しい」と見込んだ。

7日午前、国防部の関係者はOSENに「基本的にチョン・ジフンを始め除隊した芸能兵士たちは、現役で入隊し正常に軍服務を終えた。常識的に再入隊は強行することはできない」と伝えた。

他の関係者もまた「軍生活を誠実に送ったかどうかで再入隊を論ずることは出来ない。また、現在浮上している芸能兵士の書類に関する問題は人事権の問題で、再入隊とは別の話だ。道徳的に非難されたり、誤解を受けることはあっても、調査の過程で既に違法の事案がなく除隊を命じたため、これが違法になったり、再入隊を考慮する問題ではない」と説明した。

これはRAINだけでなく、予備役の兵長として除隊した全ての芸能兵士を含めた話だ。

RAINの再入隊に関する議論は、6日に民主党のキム・グァンジン議員が「必要な書類が欠落し、芸能兵士の選抜過程で問題があった人は再入隊すべきだ」と発言したことから始まった。

その後、キム・グァンジン議員側はOSENの電話取材で「国防部の監査結果報告書を公開したが、この報告書によれば10人の兵士が書類が不十分だったにもかかわらず、芸能兵士として活動したことが分かった。選抜の過程で問題があったのだ」とし、「問題がある人が再入隊すべきだということがキム議員の立場だ」と説明した。

ただ、RAINが取り上げられていることに関しては「手続き上の問題を指摘しただけで、歌手RAINに向けての話ではない」と釈明し、「このような部分は国会議員が推進できる部分ではない。国防部で解決すべきこと」と伝えた。

これに先立ちキム議員は24日にも「RAINなど、芸能兵士10人が必要な書類が漏れていたにもかかわらず、芸能兵士に合格した」と問題を提起した。

国防部は先月18日に手抜き服務などで問題となった芸能兵士制度を廃止し、該当人員を再配置した。

================================

興味深い記事でした・・・

芸能兵士雨、 'シンギョデチョン·ジフン助教 "が答えだったのか
熱愛説で新年早々に開き、ピ(実名チョン·ジフン)がひどく熱い。大韓民国男たちにはいつも敏感な問題でしかない軍隊のあらゆる腐敗をまるで一人で抱えた感じさえする。過去ソン·スンホン、チャン·ヒョクなどが犯した兵役不正は、現在の状況と比較するとたいしたことはないようだ。どこからギクシャクしたのだろうか。 去る2011年10月現役入隊したピは11月5師団新兵訓練所修了で師団長表彰まで受け、身柄教育隊助教として服務する予定だった。訓練所の模範的な姿を見せたし、射撃も昼間射撃20発中19発、夜間射撃10発中10発を命中させて特等射手に名前を上げることもした。軍隊に行ってきたこれらは分かるが、師団長表彰は、休暇日数などに影響を与えるため、訓練兵小隊長などのいくつかの限定され、その先に名を上げる。

この便りが聞こえて来るまで明らかに雨への大衆の反応は好意的だった。低い体脂肪のほぼ完璧な体つきを持った、ドラマや映画では、どの武術よりも優れたアクションを披露したので、雨のこのような歩みは、 "当然だ"という反応が出た。もしかしたら、雨はこのように除隊をすべきだった。 軍服務中の雨に対して大衆の視線が冷たく変わり始めたのは2012年3月に国防部勤務支援団支援大隊広報支援隊所属の芸能兵士に異動してからであった。"当然だ"という反応は、すぐに3ヶ月がたて経った時点で"やっぱり"に変わった。ここで相次ぐ訴訟関連のニュースは、雨の兵士なのか、民間人か混同まで与えた。しかし、社会にいるときに起こった訴訟は論外にして、問題を引き起こす可能性の余地(職務の変更)を作ったりしても、少なくとも2012年末までに雨は軍と関連して'問題の兵士"はなかった。 本格的な開始は今年キム·テヒと熱愛事実が知られてからだ。開始は熱愛でしたが、最後は芸能兵士の逸脱であった。一般兵と別の休暇と外出の回数が議論になり、戦闘服を着て脱毛したことにより、最終的に非は軍人服務規律違反で謹慎処分を受けた。先に挙げた、その"余地"(職務の変更)がここから威力を発揮し始めている。 6月25日に放送されたSBS '現場21'は芸能兵士たちの勤務怠慢を暴露した。その場にはセブンとレタスがあり、古参の雨があった。当時雨は不法性売買業店出入り疑惑とは関係がなかったが、勤務怠慢についても指摘を受けた。同じ内容で次々と指摘を受けたことも問題だが、芸能兵士の不祥事が相次いで飛び出る場所に雨があったこと自体にも、大衆は無視し始めた。 このような反応を確認することができたことが、非の再入隊議論がある。 6日のメディアは、政界が芸能兵士で物議をかもして満期除隊した歌手ピの'再入隊'を推進していると報道した。国会国防委員会所属の民主党のキム·グァンジン議員が2007年に現役兵で再入荷対しサイ(本名バクジェサン)の例を挙げ、非の再入隊を主張していると伝えた。理由は、雨を含む芸能兵士らが当初入隊過程から芸能兵士としてのキャリア資料など必要な書類を適切に送信することなく、事実上の便法で芸能兵士になったのだ。 これに対し金議員側も事実と'再入隊'は国防部が世話をすることだと解明し、国防部も書類に関しては問題がなく、行政規則の解釈上の誤解があると説明しながら"事実関係"については、関係者が皆'再入隊'状況は否定した。しかし、大衆にはこの議論が続いた。 これらの記事のコメントは、2つに要約された。"ちょうど再入隊しろ"と"再入隊アンであれば放送に出てはいけない"であった。これは、芸能人軍問題の俗称'レジェンド'と呼ばれるユ·スンジュンに匹敵する水準である。 これらに金議員と国防部の釈明は効果がない。'芸能兵士に行った雨軍人の身分にもかかわらず、自由に外出外泊をし、キム·テヒと恋愛をし、後任の芸能兵士たちが問題を起こす時も同じ場所にいたので、やはり非難を受けなければならない"という前提だけが敷かれるだけだ。 次第"ワールドスター'という称号を受け、堂々と現役で入隊した雨がどうしてこのような恥ウィンドウがだろうか。
一部では、雨が大衆に見せてくれた過剰な自信を持って、水増し評価に対する拒否感から始まったという指摘もあり、また一部では芸能兵士の潜在的な負のイメージに雨がかかっただけだとも言う。 状況だよいずれにせよ、最終的に間違っては雨で始まる。先に挙げたように、最善のケースは、雨が新兵教育隊助教として軍服務を終えて除隊をしましべきだった。恋愛をすればキム·テヒがそこに面会を行くとされた。他の芸能人たちは、軍除隊で俗称"かバングォン'(カイム防止巻)を得るが、雨はかえって'かチュグォン'(カイム追加権)を取得する雰囲気だからだ。 軍に関連して、芸能兵士と関連して、民間雨の真剣な告白が待っている時点である。除隊現場で"これからもっと熱心に活動する。最善を尽くす姿見守ってくれ"と明らかに言葉は抜きだ。




by pipi-rain | 2013-08-07 16:56 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/20595998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 究極の国際音楽祭「SONIC ... Rain 慣れなくて(日本語字幕) >>