Rain GOLDEN DISK 「RAIN舞台で堂々と助演...合わせて7人組のグループだそうです "」

The 28th GOLDEN DISK
c0047605_18225977.jpg

c0047605_18234381.jpg


動画

ダンサーさんたちはワイルドラビットという名前だったんですね
今回の曲を見ると特に素敵ですよね^^

「RAIN舞台で堂々と助演...合わせて7人組のグループだそうです "」

RAINの10年来の振付チーム「ワイルドラビット」...

歌手ピ(実名チョン·ジフン·32)の振付チームは'ダンス系のドリームチーム」に呼ばれる。
ゴスボン(36)、ジョンソンタク(35)、パクギョンリョル(35)、ソンジェホン(34)、ギムギュサン(33)、キム·ヨンドク(33)など六ダンサーたちは、20年のキャリアの「ダンサー」で有名振付チームDQ、ナナスクールなどの団長である。

「江南スタイル」の「馬のダンス」を作った振付チームマニアのイジュソン団長のすぐ下の後輩たちに、現役では最古参だ。RAINの1集(2002)、または2集(2003)の時から10年間同苦同楽した間。RAINの影のようについて通った平凡でないキャラクターで目を引いて放送局警備員も「RAIN振付チームきた」と嬉しくするほどだ。これらはそれぞれの振付チームから団長として活動したが、RAINがカムバックする時は団結する。「ワイルドラビット」(Wild Rabbit:切れ目のないウサギ)とは、チーム名も持っている。

RAINの強いパフォーマンスを武器に、国内外の舞台を歩き回るためにチォッソンに数えられる補助者である。RAIN6集「レインエフェクト」(Rain Effect)で地上波音楽番組で初放送をした日彼らに会った。RAINはダンサーたちの周りをぐるぐる回っがゆっくり話すようにこっそりと席を外した。KBS 'ミュージックバンク'控室でインタビューした彼らは、「RAINと私たち6人7人組グループとして見てくれるファンもいる」とし、「10代の時から踊りを踊って、今は改装中ですが、RAINの公演場合にのみ、直接舞台に上がる。私たちのダンス人生の歌手は断然RAINだから」と口をそろえた。歌手の後ろに踊るダンサーたちは俳優で言えばエキストラとして考慮されるものだ。しかし、RAINは、これらのキャラクターを付与して、チームワークを強調し、助演で改善した。RAINは練習生時代の舞台経験を育てるためにパク·チニョンの舞台でダンサーとして活動して人々の心を誰よりもよく読んだ。パクギョンリョルは、「他の歌手の舞台ではエクストラなのに雨はスターになる前から私たちをアーティストとして待遇し助演で立ててくれた」と話した。ダンサーの待遇が劣悪な業界の現実でRAINはデビューの頃からダンサーを取りまとめることで有 ​​名だった。ジョンソンタクは「普通の事務所が制作費の問題でダンサーたちに目をTシャツにジーンズを加えると、RAINは背後にあるダンサーさんも素敵でしなければならないと衣装、靴をしっかりと装備されてヘアショップにも連れて行った。海外公演の時も食事などすべての面で自分と同等に扱われた」と説明した。RAINのダンスの実力については、「率直に言って、私たちよりもよく踊る"と笑った。ジョンソンタクは「RAINのように184㎝の長身で力とスピードを備えた歌手は見当たらない」とし、「長い腕と足で踊れば動作が非常に涼しい。アイドル歌手たちは小さな手の動きまで教えるが、RAINは2を投げてくれれば8を加えて10を作る能力がある」と賞賛した。ギムギュサンも「今のアイドル歌手たちがRAINを見て練習をたくさんした"とし、"RAINは他の歌手が熱の動作に消化するダンスをした動作にこなすセンスが格別だ。ポイントを正確につく能力が優れている」とした。今回の6集タイトル曲'サーティセクシー」(30 SEXY)のダンスは節制されたセクシーさがポイント。手を打つ動作が多く、「ブルース·リーダンス」という別名がついた。この踊りはRAINが武術の動作に着目して作ったという。これらは、過去10年間雨の練習量に舌を巻いたと口をそろえる。「一言で練習の虫よ。過去のドラマ「サンドゥ、学校へ行こう」を撮って'太陽を避ける方法」のアルバムを一緒に準備したが、所属事務所の反対にも最後まで固執して二つのことを強行しね。夜明けに私たちを召集して練習するのにRAINがペア鼻血を流すのも何回か見ました。」(ジョンソンタク)パクギョンリョルは、「30代されたのに、一様に練習」とし「しかし、10年ぶりに私たちの団体のチャットルームに"本当の大変だ」と吐露したよ。難しいながらも、私たちを試みにもなく想起させる練習した」と笑った。これらは雨と一緒縫っ海外舞台も珍しくない。キューバからドイツまでなら行ってみたところがないくらいなので、飛行マイルも信じられないほど積もっていたとする。ジョンソンタクとソンジェホンは、「「イッツレイニング」(It's Raining)アルバムを出して、香港公演のために現地の空港に入国したときの歓迎出てきた群衆を見て鳥肌が出た」とし「2008年北京オリンピック閉幕式舞台も本当に記憶に残 ​​る」と話した。そうしたらダンサーたちにも海外のファンができた。これらは「ジョンソンタク氏が最も人気が高い」とし「光栄にもファンが私たちの名前を歌ってくれたプラカードを持って応援することもある」とした。しかし、これらはまだダンサーたちの処遇や環境は劣悪な状況だと訴えた。また、K-POPブームの踊りが大部分を占めますが、振り付けの著作権が保護されていない現実とも呼ばれた。先立って2012年「馬のダンス」が地球を襲っしながら振り付けの著作権のダンサーたちの権利を見つけるの動きが起こった。「ハクダリ踊り'('私一人で」)など、シスターのヒット振り付けを作成ギムギュサンは、「韓国放送ダンス協会が社団法人になった」とし、「ダンサーたちの福祉向上と、著作権保護の方策を議論する団体だ。振付の著作権は著作権管理協会が別に作成する必要がして会議を経なければならない。しかし、一つの声を出す窓口ができたの励みになる」と述べた。丁寧濁度"ダンスを作ってくれるなら、ムービーは300万〜500万ウォン線であり、放送回の出演で受け取るお金は、1990年代末の通貨危機前に比べて低く設定されている」とし「それさえも振付師は生活が可能ですが、後輩のダンサーたちは、一晩中練習して一ヶ月間の放送舞台で稼ぐお金は100万ウォン程度だ。後輩たちの福祉が改善されなければならない」と述べた。
source



by pipi-rain | 2014-01-16 18:33 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/21488666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rain【ゴールデンディスク話... RAIN「THE SHOW」に... >>