「私の彼女」チョン·ジフン、クリスタルに「おじさんはなく、代表さん "

「私の彼女」チョン·ジフン、クリスタルに「おじさんはなく、代表さん 」
c0047605_0513213.jpg


'私には素敵な彼女」チョン·ジフンがクリスタルから元恋人を思い出した。24日午後放送されたSBS水木ドラマ'私にはとても美しい彼女」(脚本露地説演出パクヒョンギ)3回では、ヒョンウク(チョン·ジフン)の助けを借りて芸能事務所AnAに入社したセナ(クリスタル)の話が繰り広げられた。この日ヒョンウクはこの世を去った最初の愛ソウン(イシア)との思い出を振り返って胸を痛めた。そんな中、練習室でキーボードを打ちながら歌うセナの姿でソウンを思い浮かべて心を痛めた。セナは一歩遅れてヒョンウクを発見し、「おじさんすごく有名な人だったよ。その歌の中の主人公は、ある一人の女性ですか」と尋ねた。これヒョンウクは「気に止めて下さい。月末評価や神経書け。おじさんではなく、代表様だ」と言い返した。「私にはとても美しい彼女」は毎週水、木曜日の午後10時放送される。

3話のキャプです~~~かなり体絞っていますね 痩せていますよね
c0047605_053129.jpg

c0047605_0532143.jpg

c0047605_0533037.jpg

c0047605_0533841.jpg

c0047605_0534746.jpg


c0047605_0535948.jpg

c0047605_0544037.jpg

c0047605_0545752.jpg

c0047605_055918.jpg

「私の彼女」チョン·ジフン、クリスタルに昔の恋人の幻覚。「切ない」
c0047605_0571363.jpg
チョン·ジフンが再び結晶を介して昔の恋人を思い出した。

24日放送された「私にはとても美しい彼女」3回では、夜遅く会社に帰ってきたイ·ヒョンオク(チョン·ジフン)がユンセや(クリスタル)の歌を聞いてユンセ私の姉であり、自身の昔の恋人ユンソウン(イシア)と勘違いした。

イ·ヒョンオクは懐かしさがいっぱいの目でセナに向かった。すぐソウンはなく、セナということを悟ったヒョンウクは目を再び点滅し、我に返った。

ヒョンウクを発見したセナは、「おじさんすごく有名な人だったよ。歌が多た人のためのですか? "と尋ねた。

これヒョンウクは「神経切り月末評価や準備せよ」と冷遇した。続いて、 "私はおじさんではなく、代表様」と訂正した。
c0047605_0564219.jpg

c0047605_0574049.jpg


c0047605_057539.jpg

c0047605_058469.jpg

c0047605_0581632.jpg

c0047605_0583091.jpg

英語も話していましたね^^
c0047605_0585219.jpg

c0047605_059390.jpg

c0047605_0591918.jpg




by pipi-rain | 2014-09-25 00:59 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/22657072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rain ドラマ 「私の彼女」... Rain僕にはとても愛らしい彼... >>