2幕「私の彼女」、ヒョンウク·セナの奇跡のような愛は成り立つか

2幕「私の彼女」、ヒョンウク·セナの奇跡のような愛は成り立つか
SBS

c0047605_18332497.jpg

SBS水木ドラマ'私にはとても美しい彼女」が中盤に突入しヒョンウク(チョン·ジフン)とセナ(クリスタル)カップルの完全な愛の達成が焦眉の関心事でチョ上がった。 これらの愛の最大の障害の一つは、まず、セナが気づいさえない、両者のヒョンウクの秘密である。それはすぐに死んだ姉の人がセナが胸の中に入れて置く始めたヒョンウクという衝撃的な事実。 もしセナがヒョンウクが姉の男だったという事実を知ることによって、これらの愛は揺らぎを打つしかないだろう。さらにセナ姉ソウンの死に今まで明らかにされなかったもう一つの「理由」が隠れている場合は、現世のカップルの愛は、その先端を予断することは難しいほど悪路に入るのは明らかだ。 いつセナが死んだ姉の人がヒョンウクだったという事実を知ることになるか。また、そのような以降ヒョンウクとセナの愛はまたいくつかのリッピング中に落ちて不本意。今まさに火がつき始めたヒョンウクとセナの愛をなかなか楽にのみ眺めることができない理由だ。 そしてヒョンウクとセナの愛を遮って出たもう一つの変数は、まさにシウ(エル)のセナの嵐関心。ますますセナに惹かれるシウの心はすぐにでも愛に着色されるだけのような状況である。 セナにすでに定義を与える始めたようなシウの姿はヒョンウクとセナの愛を揺るがすことができる最大の変数の一つ。セナに関心を見せるシウをヒョンウクも当惑見守りセナに向けたシウの視線に神経を尖らせている状況である。 最後的には決してヒョンウクを放すことができないヘユン(チャ·イェリョン)の「執拗な愛」も変数だ。今まで待っていたヒョンウクをセナに容易に思い付くことができないヘユンとして何を使っても、自分の愛を守ってダウンするのにこのような状況でヒョンウクとセナの愛が穏やかだろうと予想するのは難しい。 15日の夜10時に放送されている「私にはとても美しい彼女」9部からは崖の端に立つかもしれないヒョンウク-セナカップルの愛が視聴者の興味をさらに刺激するものと見られる。 「私にはとても美しい彼女」9回は15日午後10時に放送されている








by pipi-rain | 2014-10-15 18:35 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/22806275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「私の彼女」クリスタル、RAI... RAIN主演の中国映画 露水紅... >>