Rain「僕にはとても愛しい彼女」第15話日本語訳&ストーリー

norinoriさんありがとうございます
040.gif
最終回の前に訳しました
Rainがとても素敵で不思議と出来てしまいました


今日で最終回なんて寂しいですね(T_T)

ネタバレです



「僕にはとても愛しい彼女」第15話日本語訳&ストーリー






タルボンが死に、哀しむヒョンウクを慰めに来たセナ



セナ:もう泣かないで



セナはヒョンウクの頬の涙を拭う



ヒョンウクはセナを抱きしめる



ヒョンウク:ああ会いたかった

会いたくて死にそうだった

どうしたらいいかわからない



セナ:今は何も考えないで



顔を触るセナ



セナ:おじさん辛そうだわ 中に入りましょう



家の中で



セナ:コーヒー以外は何かある?

温かいお茶を飲めばよくなると思うけど

あったわ

ローズマリーがいい?アップルミントがいい?

カモミールがいいわね よく眠れるように



ヒョンウク:セナ



セナ:大変ね

図体は大きいのにまた具合悪くなって

これ飲んで早く寝て 

横になってから話して



ヒョンウクはベッドに横になる



セナ:よく休んで

今日はおじさんをひとり置いて行けない

寝るのを見届けて行くわ 早く寝て

言う事聞いてくれないと徹夜する事になるけれど?

はやく治ってね





セナは帰りヒョンウクはまた起きて考える





セナはソウンのお墓に来る



セナ:タルボンに会った?

しばらく遊べなかったでしょ

沢山遊んであげて

姉さんごめんね

私おじさんが好きなの

好きな気持はどうしようもないの

姉さんわかってくれる?

私をわかってもらえない?

ほんとにごめんなさい





ヒョンウクは電話をする



セナ:具合は治った?



ヒョンウク:うん



セナ:良かったわ



ヒョンウク:お前は良く寝られた?



セナ:ええ 

朝ちゃんと食べて会社に行ってね



ヒョンウク:少し会おうか?



セナ:今日は無理と思うわ ちょっと出てるの



ヒョンウク:そうか 気を付けてな



社長室での会議



理事:こりゃあ音源収入凄そうだな

シウのイメージも思ったほど打撃を受けてない

新人作曲家のユン・セナの経歴が好感を買ったみたい

この際有名作曲家になるのも悪くないだろう



ヒョンウク:それはあくまでも実力の問題でしょう

悪い記事が出ないように特に気をつけて下さい





シウは仕事が忙しくセナになかなか会えない



セナに電話をする



シウ:ひょっとしてすねてるか?



セナ:私がなぜ?



シウ:会ってやれないからさ

忙しすぎてお前に会いに行く時間がない

 

セナ:いつか時間できる?



シウ:しばらく待ってろ

時間が出来たらすぐ走っていくよ





社長室にソンジンとヘユンが来る



ソンジン:ヒョンウク

外で晩ごはん食べて映画みて一杯ひっかけ

クラブに行って家に遊びに行こう

俺が予約は全部済ませたよ



ヒョンウク:相談もなくなんでそんな事したんだ?



ソンジン:ところでタルボンの事聞いたぞ

こんな時は一人で家にいたら落ち込むだろ



ヒョンウク:悪いが俺は行くところがあるんだ





セナに電話するヒョンウク



ヒョンウク:お前の家に向かってる

ちょっと会おうか?



セナ:私は今おじさんの家の前だけど



ヒョンウク:じゃあそこにいて



お互いに会いに行き橋の上で出会う



ヒョンウク:俺達 やり直さないか

俺はお前を手放せないよ



セナ:私もおじさんを手放せないわ



二人は抱きしめ合う





ふたりはセナの家の前まで来る



ヒョンウク:中に入れ



セナ:先に行って



ヒョンウク:先に行けよ



セナ:大丈夫よ 先に行って



ヒョンウク:ちょっと歩こうか?





アイスを買った店の前で



ヒョンウク:アイス買うか?



セナ:もう寒いのにアイスなんて

肉まんならいいけど



ヒョンウク:そうか?なら肉まん食おう



セナ:私 野菜肉まん



ヒョンウク:俺も!



セナ:野菜のはひとつしかないわ



ヒョンウク:おい、あんまん食えよ あんまん



セナ:それならおじさんが食べれば良いじゃない



ヒョンウク:おい、お前譲る事を知らないのか?



セナ:お金あるでしょうね?

前のチューチューアイス100ウォン、まだ貸してるわよ



ヒョンウク:あれはうっかりして

俺は金なら沢山あるぞ

知ってるだろ?

ほら...



探すと持っていない



ヒョンウク:あ、財布!ったく!

車に置いて来た ひとつ買ってくれ



セナ:お金ないわ



ヒョンウク:買ってくれって





二人は屋台のおでんを食べる



セナが間違ってヒョンウクのコートを汚す



ヒョンウク:おい!



でも嬉しそうな二人



セナ:あー 私かまぼこ食べよう





セナは屋台の大きなぬいぐるみを持ち



セナ:この子タルボンに似てるわ

この子の名前はタルボンにしてね

いくらですか?



-2万ウォンです



セナ:行きましょう

今日は私が送って行くわ





ヒョンウクの家の前



セナ:落ち込んだ時はタルボン見てね

大人しい子だから話はあまりしないけど



ヒョンウク:ありがとう 電話するよ



セナはヒョンウクの頬にキスをする



セナ:帰るわね





部屋にぬいぐるみを置くヒョンウク



ヒョンウク:でもお前がいるからずっとましだな





セナは友達にやはり引越しはしないと生活費を渡す



ジュホン:セナもしかしてケミナムとやり直す事にしたの?



セナ:うん



コンチョル:何の話だ?シウはどうするんだ





宅配でシウのCDが届く





シウの宿舎に来たセナ



シウ:どうしたんだ?

お前から会おうと連絡くれるなんて



セナ:あげたい物があって 話もあるし



セナはCDを差し出す



セナ:友達がインターネトで見つけたの

中国でも大ヒットだって

あなたもうワールドスターになったわね



シウ:なんでこんな可愛い事をするんだ?

入れよ

話ってなんだ?

照れくさい話か?

告白するつもりとか



セナ:そう告白よ

ごめんなさい

私あなたの気持ち受け取れないわ



シウ:......



セナ:あなたが良い人だって事はわかるわ

でも友達以上は難しいの



シウ:俺はお前と友達にはなりたくないよ



セナ:どのみち私の返事は同じよ



プレゼントの箱を返す



シウ:お前残酷な事するな

何日かで急に態度が変わった理由は何だ?

ひょっとして社長とやり直すことにしたのか?



セナ:......

別れの記事は予定通り1か月後でもいいわ

気にしなくて大丈夫だから



シウ:お前から電話が来て喜んだのに逆か

帰れ

今日はお前の顔をもう見たくない





セナは帰る



つづく・・・
by pipi-rain | 2014-11-06 22:03 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/22981930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いよいよ RAIN 僕にはとて... Rain僕にはとても愛しい彼女... >>