Rain 帰ってきておじさん視聴率

c0047605_802347.jpg


160224 投稿者 Ratoka_Rain

オ・ソヨン記者] '帰ってきおじさん」でキム・イングォンとキム・スロがそれぞれピ、オ・ヨンソに生まれ変わりました。

24日放送されたSBS水木ドラマ「帰ってきおじさん」の初回放送では、キム・ヨンス(キム・イングォン分)が天国行きの列車で起き "私はこのまま行けない」と主張した。

キム・イングォンは自殺に誤解され地獄行きを決定受けが、本気が明らかになり、天国に行くされた人物であった。 しかし、キム・イングォンは、残されたシンダヒェ(イ・ミンジョン)と娘ギムハンナ(イレブン)を思い出し、嗚咽した。

キム・イングォンはこのまま天国に行かできないと述べ、これを見守った寒気タック(キム・スロ分)も立ち上がった。キム・スロは列車乗務員をレイアウトせようしたが、失敗し、むしろ問題の人物にチクヒゲた。
c0047605_7553673.png

キム・イングォンとキム・スロは乗組員を避け逃げ列車の最後にダダ分けた、「死ぬしかよりハゲトニャ」と列車から飛び降りた。


以降イヘジュン(ピ分)は、マヤ(ラミーと分)の映像メッセージを受け取ることになった。ラミーとは天国、地獄行きのチケットを与える駅員である。ピは "私の声がなぜこのようにオブジェクト指向?」と戸惑っていた。

キム・イングォンはピ、キム・スロは一ホンナン(オ・ヨンソ分)に生まれ変わることになった。二人は前世に関係があったシンダヒェ(イ・ミンジョン)、松茸年(イ・ハニ分)とつづりであり、新たな事件が続くことを予感させた。


Rain 帰ってきておじさん視聴率

水木ドラマ対決?14.3%ソン・ヘギョ・ソン・ジュンギ「太陽の末裔」vs 6.6%、ピ・イ・ミンジョン「帰ってきおじさん」

水木ドラマ初対決でKBS「太陽の末裔」がSBS「帰ってきておじさん」を圧倒した。

25日、視聴率調査会社ニールセンコリア集計結果によると、24日放送されたKBS「太陽の末裔」は14.3%を記録し6.6%のSBS「帰ってきておじさん」を余裕をもって勝った。



トップスターと笑いと感動、メロを内蔵したドラマの対決で関心を増幅させた水木ミニシリーズ対決は初回では「太陽の末裔」が勝利を収めた。

ソン・ヘギョとソン・ジュンギの出会いのシーンが初回放送で印象深く渡された「太陽の末裔」は、見知らぬ土地極限の環境の中で愛と成功を夢見る若い兵士と医師を介して人生の価値を表わしたヒューマンメロドラマだ。

事前製作された「太陽の末裔」は、事前製作興行失敗神話を破るかも関心だった初回視聴率が14.3%を記録しすることで興行成功予感を生んだ。

イ・ミンジョン ピ オ・ヨンソ主演の「帰ってきおじさん」は「鉄道員」「最初で最後の人生相談」などで国内にもよく知られている日本の小説家浅田次郎(淺田次郞)の日本の小説「椿山課長の7日間(椿山課長」フ七日間)」を原作にしたドラマで初回には、主人公が与えが再び生き返る逆送過程を見せてくれた

~~~~~~~~~~~~~

帰ってきたピとソン・ジュンギがお茶の間で初対決を繰り広げた。25日ソン・ジュンギ主演のKBS2ドラマ「太陽の子孫」とピ主演のSBSドラマ「帰ってきておじさん」が公開された。期待半分、オリョバン多くの関心を受けて電波に乗ったドラマでソン・ジュンギは、男性的な魅力を発散して女心をときめかせた、ピは残念短い登場を見せた中で強烈な印象を与えてくれ期待を高めた。分量はそれぞれ違った、ソン・ジュンギとピは上半身脱衣にそれぞれ男性的な魅力を精一杯誇って注目を集めた。まず、最も多くの注目を受 ​​けたのは、ソン・ジュンギだった。ソン・ジュンギは劇中の実力派特戦司令部ユシジン逆に男性美を表わした。軍除隊後初のドラマ復帰作であり久しぶりの演技にソン・ジュンギの変化は、必須の要素だったのか。軍入隊前までは、美少年のコトミソを発散していた彼は派手なアクションシーンと筋肉質の体つきにこれまで以上に強靭になった男性美の姿を見せた。ここでソン・ヘギョとの短いが深い余韻を残るメロラインは男ソン・ジュンギへの期待をさらに高めた。何よりもキャラクターが与える強靭な印象が大きな役割を果たしていた中で、「意志したい兄「ソン・ジュンギの魅力を、今回のドラマを通じて見ることができるようだ。
c0047605_7532885.jpg


c0047605_7535677.jpg


一方、ピはチャᆱが強かった。「帰ってきおじさん」1回は、それぞれのキャラクターが変化過程を説明し始めだった。醜い会社員キム・イングォンが偶然ハンサムイケメン比変身したのかの過程がディテールに描かれた。雨は、放送の最後のシーンに登場し、今後の展開に好奇心を与えるための装置(?)で全裸露出を敢行したのか。これまで雨は歌手として舞台の上に上がったときや、写真撮影そして多くの映画やドラマで上の脱衣をしてきた。しっかりとした近ユルジル体つきという点は、誰もが知っている事実。しかし、今回のドラマでは、単純な示す式の露出がなく、なぜカントしかなかったのかについての説明が加えられた。何よりも重要な部位を覆ったまま公開した全裸露出であったが、コミカルな表情とは多少誇張された身振りは、「歌手ピのロマンチックコメディ水」がどれだけ愉快に繰り広げられるのかを可能にした。すでに勝負は始まった、ソン・ジュンギと非二俳優の本格的な魅力対決はこれから二つのドラマを力強く導く魅力的な要素になるものであることは明らかである。whice1@sportsseoul.com










by pipi-rain | 2016-02-25 08:00 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/25339223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rainのつぶやき Rain つぶやき >>