キム・テヒと結婚、ハネムーン ベビー久しぶりに会ったRAIN

キム・テヒと結婚、ハネムーン ベビー久しぶりに会ったRAIN
RAIN・キム・テヒ夫婦が両親となる。 5月末キム・テヒが妊娠15週であることを公式発表したこと。 6月中旬結婚後初めて公式席上に姿を表わした雨に夫婦の近況と予備パパとしての所感を聞いた。
c0047605_1948012.jpg

去る6月13日午後ソウル江南区(カンナムグ)、ノンヒョンドン、韓国家具ショールームでうれしい人に会った。 今年のはじめ俳優キム・テヒ(37)とRAIN公開結婚式を挙げて予備パパになったワールド スターRAIN(35・チョン・ジフン)がその主人公だ。 彼はフランス高品格家具ブランド ロスェボボアの韓国ローンチ1周年をむかえて開かれた行事にチェ・フン学韓国家具代表の招待で参加した唯一のセルレプだった。

結婚後ファッションよりインテリアに関心多くなったワールド スター
“1年前ヨーロッパに行った時ロスェボボアを知るようになりました。 とても特異で素敵な家具なので関心が行ったしその時からこのブランドのファンになりましたよ。 色々なルートで調べてみるのでこの頃大強かったんですよ。 この頃は服より家具をしばしば見て歩くほど家具に関心が多くなりました。 個人的に(このブランドのラインナップの中で)ジャン・ポール・ゴルティエ コレクションをとても好きです。”

結婚後RAINが公式行事に参加したのは今回が初めてだ。 行事関係者は“チョン・ジフンさんがロスェボボアを好きでチェ代表と懇意にしていて特に招待されたと理解している”と話した。 結婚直後RAIN キム・テヒはノンヒョンドン家具距離を歩き回って新婚家具を見回したと伝えられる。 当時ロスェボボア売り場を訪れて居間用家具を調べた彼ら夫婦はジャン・ポール・ゴルティエとのコルレボレイション家具であるマ種ソファ購買計画をたてたし、台所家具はハンセムで用意することという話が聞こえる。

一般的に結婚前用意する新婚家具を一歩遅れて見て歩いたのは新居の暮らしを別に設けなくなってであるようだ。 RAINとキム・テヒは現在のRAINの義のお父さん、妹と一緒に暮らしている。 キム・テヒは最近あるファッション紙とのインタビューで分家しないで夫の実家の家族らと過ごす状況に対して“婚家暮らしを全くしない。 かえって夫の外祖を受ける状況”と明らかにしたことがある。

キム・テヒの妊娠事実が知らされたことは5月末だ。 5月23日彼女の所属会社ルアエントテインモントゥは“多くの方々の祝福の中に夫婦の縁を結んで未来を設計して幸せな新婚生活をしてきたRAIN・キム・テヒ夫婦がこの世何とも変えることはできない新しい生命を内包した”として“キム・テヒさんは現在の妊娠15週車で当分胎教に専念して一家庭の妻でありママとしての計画を熱心に準備していこうとする”と伝えた。 4日後である5月27日化粧品ブランド‘セルキューオ’専属モデルとしてソウル、中区(チュング)、ロッテ百貨店でファン サイン会を持って結婚後初めての公式活動に乗り出した彼女は戦果(前科)違わない美しい姿で目を引いた。

だが、RAINは当分キム・テヒと胎教を共にすることはできない状況だ。 4月クランクインして8月末まで続く映画<自転車(茶)王オム・ポクトン>撮影が慶南(キョンナム)、陜川(ハプチョン)、全北(チョンブク)全州(チョンジュ)などソウルで毎日行き来するには負担になる地方で続いているため。 ロスェボボア行事を終えて知人たちと持っている非公式的な席で彼は“映画撮影で家にほとんど入れずにいる”としてそばで多くの時間を共にすることはできない妻にすまないと思った。 行事場所に用意された多寡(茶菓)に手も当てないのも妻を考えてからだった。 彼は“せっかく家族と夕方食事を共にしようとする。 腹がへってこそさらにおいしくないか?”として“今日がお父さんお誕生日なので妻が膳を調えておいて待っている”とした。
c0047605_1947232.jpg

伴侶犬育てる面白味に陥った夫婦
2012年から5年間交際したRAINとキム・テヒは伴侶犬愛が格別なスターで知られている。 二人とも幼いころから伴侶犬と家族のように過ごすからだ。 恋愛時期二をより一層近くさせたのも伴侶犬だったという。 恋愛時期雨は可愛いキツネのようなポメラニアン‘将軍が’と優しくて愛嬌多くのスタンダード プードル‘愛が’を育てていたが、当時キム・テヒはサランと散歩する姿でインスタグレムで話題になった。

彼ら夫婦は結婚した後‘ルーシー’という子犬を新しい家族に入れた。 知人がキム・テヒの家族にプレゼントした子犬を二人が育てていること。 RAINはこの子犬が“家族から多くの愛を受けて今超接待を受けている”として“家で序列1位”といった。

ロスェボボア行事当日雨が知人たちと共にした席に偶然に同席した記者はこういう話を聞いている間彼に子犬パパでない本当にパパになるというので気持ちがどうかと尋ねた。 彼はしばらく考えに浸ると“まだ実感しません。 近づいてみてこそ分かることのようです”と話した。 “赤ん坊いつ産む?”というした知人の問いにはささやくような声で答えたがチラホラの耳にささる話があった。 “1ヶ月あれば” “今でも家に入れないけれど” “娘”等だった。 この話はあたかも“1ヶ月あれば娘が生まれるのにその時共にできるか心配”という話のように聞こえた。 最近ファン サイン会に参加したキム・テヒの姿を思い出させれば可能性が希薄な推測と判断されるがひょっとしてしたくてキム・テヒの所属会社関係者に真偽の有無を確認した。 この関係者は“キム・テヒさんが子供を産もうとするなら数ヶ月もっとなければならない”として“出産予定時期は今年の冬”といった。

去る5年の間お互いに‘最高のプレゼント’になったRAINとキム・テヒ. 二人が愛の力で作った‘最高の人生作’は果たしてどんな姿か気になるばかりだ。
http://woman.donga.com/3/all/12/998290/1








by pipi-rain | 2017-07-22 19:52 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rainstorm.exblog.jp/tb/26833124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Rain 비 170722 R... Rain instagram  >>