SHINee ジョンヒョンの遺書全文、托された友人が公開

SHINee ジョンヒョンの遺書全文、托された友人が公開


SHINeeのジョンヒョンの友人であるDear Cloudのナインが、ジョンヒョンから託された遺書を公開した。

19日、Dear Cloudのナインは自身のインスタグラム(写真動画共有用SNS)に「ジョンヒョン本人から、自分がこの世から旅立ったらこの文章を必ず投稿してほしいと頼まれた。そんな日が来ないことを願ったが、ご家族と相談し、彼の遺言により遺書を投稿します」という文面で始まる文を掲載した。


ナインは「議論が起きるだろうと心配しているが、それも予想して僕に頼んだと思う。僕がジョンヒョンのためにできる最後のことをしなければと思った。天国ではどうか苦しまず、安らかに眠ってください」とし、ジョンヒョンの遺書を掲載するに至った経緯を説明した。

【以下、ナインが公開したジョンヒョンの遺書全文】

僕は内側から壊れた。
ゆっくり僕を食い荒らした憂鬱は結局僕を飲み込み、僕はそれに勝てなかった。
僕は僕を憎んだ。途切れる記憶を捕まえ、どんなにしっかりしろと叫んでも答えはなかった。
詰まった息がまたできるようにしてあげられないなら止めたほうがいい。
僕に責任が持てるのは誰かと尋ねた。
おまえだけだ。
僕はもの寂しく一人だった。
終わらせるという言葉は簡単だ。
終わらせることは難しい。
それが難しくて今まで生きてきた。
逃げたいのだろうと言われた。
そう。僕は逃げたかった。
僕から。
あなたから。
それは誰かと尋ねた。僕だと言った。また僕だと言った。そしてまた僕だと言った。
なぜ何度も記憶を失うのかと言われた。性格のせいだと言う。そうですね。結局は、全部僕のせいですね。
気付いてくれたらと願ったけれど、誰も気づいてくれなかった。僕に会ったことがないのだから僕がいるのかも知らなくて当然だ。
なぜ生きるのか聞いた。ただ。ただ。みんな、ただ生きていると言う。
なぜ死ぬのか聞かれたら、疲れたからと言うつもりだ。
苦しめられ悩んだ。うんざりするほどの痛みを歓喜に変える方法など学んだこともなかった。
痛みは痛みでしかない。

そんなことをするなと僕を責めた。
どうしてですか?僕はどうして自分の思う通りに終わらせてはいけないのですか?
なぜ辛いのか考えなさいと言われた。
分かりすぎるほど分かっている。僕は僕のせいで辛い。全部僕のせいで、僕が愚かだからだ。
先生、この言葉が聞きたかったんですか?
いいえ。僕は何も間違っていません。
落ち着いた声で僕の性格のせいだと言った時、医者って本当に楽なもんだなと思った。

なぜここまで辛いのか不思議なくらいだ。僕より辛い人たちもちゃんと生きているのに。僕より弱い人たちもちゃんと生きているのに。そうではないのかもしれない。生きている人の中で僕より辛い人はいなくて、僕より弱い人もいない。
それでも生きなければと言われた。
なぜそうしなければならないのか数百回聞いても僕のためではない。あなたのためだ。僕のためだと思いたかった。
お願いだから知らないくせに言わないでください。
なぜ辛いのか理由を探してみなさいだなんて。何回も話してあげたじゃないですか。なぜ僕が辛いのか。僕が話したことだけで、こんなに辛くてはいけないのか?もっと具体的なドラマが必要なのか?もっと何か出来事があればと思うのか?
もうすでにちゃんと話したじゃないか。もしかして、聞き流したんじゃないのか?打ち勝つことができることは、傷跡として残らない。

世の中とぶつかるのは僕の役割ではなかったみたい。
世の中に知られるのは僕の人生ではなかったみたい。
みんなそれで大変だと言った。ぶつかって、知られて大変だと。なぜそれを選んだのか。笑える。
今まで耐えてきたことがすごいと思う。
これ以上何も言うことはない。ただお疲れ様と言ってほしい。
これまで本当に頑張ったね。苦労したねと言ってほしい。
笑うことはできないとしても、責めながら送り出さないでほしい。
お疲れ様。
本当にお疲れ様。
さようなら。


source


by pipi-rain | 2017-12-21 08:01 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainstorm.exblog.jp/tb/28698860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< SP-68 Rain 2017.12.19. Rain >>