RAIN&イ・ドンゴン主演ドラマ「スケッチ」台本読み合わせ現場を公開

RAIN&イ・ドンゴン主演ドラマ「スケッチ」台本読み合わせ現場を公開

c0047605_08493925.jpg

c0047605_08483374.jpg
c0047605_08484522.jpg
RAIN(ピ)とイ・ドンゴンの復帰作で話題を集めているJTBC新金土ドラマ「スケッチ」(脚本:カン・ヒョンソン、演出:イム・テウ)の台本読み合わせ現場が公開された。

5月に韓国で初放送予定の「スケッチ」は、定められた未来を変えるために孤軍奮闘する彼らの話を込めた捜査アクションドラマだ。恋人に死なれた捜査一課のエース刑事と、3日以内に起きる将来の出来事を絵に“スケッチ”することができる女刑事が一緒に協力捜査を繰り広げて殺人事件を追う。

3月にソウル上岩洞(サンアムドン)のJTBC本社で進行された「スケッチ」台本読み合わせ現場には、イム・テウ監督とカン・ヒョンソン作家をはじめとし、RAIN、イ・ドンゴン、イ・ソンビン、チョン・ジニョン、カン・シニル、イム・ファヨンなど主な俳優が参加した。

RAINは捜査一課のエース刑事カン・ドンス役を担った。台本読み合わせ現場で彼は、婚約者の死を予想しながらも守ることができなかった男の深い後悔と悲しみを表した。また、特戦司令部中士キム・トジン役を担ったイ・ドンゴンは、暴漢の襲撃によって妻とお腹の子を失った男として、復讐心を粘り強くやりこなした。

未来を描く刑事ユ・シヒョン役を担ったイ・ソンビンは、予知能力を活用してスケッチの中の死を防ごうと東奔西走するシヒョンを躍動的に表現した。特別な予知能力は作品の中の事件とかみ合わさり、非現実的な素材と現実的な事件の相乗効果を期待させる。

チョン・ジニョンはシヒョンよりも強力な予知能力を持っているミステリアスな人物チャン・テジュン役を演じる。登場するだけで劇の流れを左右しながら、重量感のある演技で台本読み合わせ現場を圧倒した。

また、RAIN、イ・ソンビンと共に“蝶プロジェクト”という特別チームを組んで捜査網を狭めて行くカン・シニルとイム・ファヨンの存在感も引き立った。蝶チームの総責任者ムン・ジェヒョン役のカン・シニルは、慈しみ深さとカリスマ性を同時に見せるチームの大黒柱だ。蝶チームの技術支援担当オ・ヨンシム役を担ったイム・ファヨンは、チームに必要な情報を誰より早く捜し出す能力者であると同時に、シヒョンを心から大事に想い心配する実の姉のような面を同時に見せてくれる予定だ。

制作スタッフは「愛する女性の死という残酷な状況に向き合った二人の男と周辺人物の熱演に夢中になり、一時も緊張を緩められなかった」と話した。

「スケッチ」は「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の後番組で5月に韓国で放送される予定だ。
c0047605_08494958.jpg
c0047605_08500610.jpg
c0047605_08493925.jpg


by pipi-rain | 2018-04-12 08:50 | Rain(ピ)★注目 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainstorm.exblog.jp/tb/29428704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< RAIN instagram RAIN スケッチ 台本読み 緊張感 >>