RAIN ドラマ スケッチ

c0047605_16314258.jpg

「スケッチ」の主要キャスト、登場人物一覧です。

●中部警察署強力班のエース刑事、カン・ドンス役が、チョン・ジフン(RAIN(ピ))。

・出演韓国ドラマ:「帰ってきて ダーリン!」「僕には愛しすぎる彼女」「逃亡者PlanB」「このろくでなしの愛」「フルハウス」「サンドゥ、学校へ行こう! 」「オレンジ」

●特殊戦司令部所属下士官(中士)、キム・トジン役が、イ・ドンゴン。

・出演韓国ドラマ:「七日の王妃」「月桂樹洋服店の紳士たち」「パパはスーパースター!?」「未来の選択」「スターの恋人」「ランラン18歳」「パリの恋人」「マイ・スウィート・ファミリー」「サンドゥ、学校へ行こう!」「勝手にしやがれ」

●未来が予測できる女刑事、ユ・シヒョン役が、イ・ソンビン。

・出演韓国ドラマ:「クリミナル・マインド」「ミッシングナイン」「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「また?!オ・ヘヨン」「カフェ・アントワーヌの秘密」

●元捜査一課の刑事、予知能力者、チャン・テジュン役が、チョン・ジニョン。

・出演韓国ドラマ:「華麗なる誘惑」「エンジェルアイズ」「チョンウチ(田禹治)」「ラブレイン」「ブレイン」「トンイ」「風の国」「思いっきりハイキック!」

●蝶チームの総責任者、ムン・ジェヒョン役が、カン・シニル。

・出演韓国ドラマ:「七日の王妃」「町の弁護士チョ・ドゥルホ」「太陽の末裔」「記憶~愛する人へ~」「きっと☆うまくいくよ!」「神様がくれた14日間」「追跡者(チェイサー)」「ミステリー刑事」「花いちもんめ」「おはよう、神様」

●カン・ドンスの婚約者、ミン・ジス役が、ユ・ダイン。

・出演韓国ドラマ:「恋のゴールドメダル」「ドクターズ~恋する気持ち」「もう一度ハッピーエンディング」「ナイン・ジンクス・ボーイズ~九厄少年~」「夜警日誌」「おいしい人生」「普通の恋愛」「青春礼賛」「愛は奇跡が必要」「乾パン先生とこんぺいとう」

演出
カン・ヒョンソン。

脚本
イム・テオ。

~~~~~~~~~~

c0047605_16393031.jpg
「今夜、誰かが死にます」というナレーションで始まったドラマは緊張感とスリル溢れるスピーディーな展開が続いて視聴者をひきつけた。この日は強行犯係のエース刑事カン・ドンス(RAIN扮)と未来を描く刑事ユ・シヒョン(イ・ソンビン扮)が共同捜査を開始することになる過程が描かれた。

「歴史的に見ても狂犬にはこん棒が効く。俺が今日、狂犬をどうやって捕まえるのかしっかりと見せてやる」と登場したドンスは希代の詐欺師チョ・ヒチョルとその一味を検挙した。しかし「私は守護天使だ」と突然現れた謎の女性シヒョン(イ・ソンビン扮)が残したスケッチを見ながら、彼女の正体を疑い始めた。事件現場が正確に描かれているうえ、最後のスケッチには婚約者のミン・ジス(ユ・ダイン扮)の死が見えたからだ。これを確認するためにシヒョンのもとを訪れたドンスは「ナビ(蝶)」チームの正体を知ることになった。「事実を話したら信じますか?」というシヒョンは72時間以内に起こる事件をスケッチすることができる特別な能力を持った刑事であり、ナビチームはシヒョンのスケッチをもとに犯罪を防止して未来を変えようとする警察の特殊捜査チームだった。

シヒョンはドンスに絵を見せて「この絵はすべて事件が起こる前に描かれた絵です」と絵が描かれてから72時間以内に絵の中の出来事が実際に起こるという衝撃的な言葉を伝えた。シヒョンはドンスに今回の事件の捜査を一緒にしようと提案したが、これを信じなかったドンスは提案を拒否した。その一方で「スケッチが外れたことはないのか?一度も?」と不安がった。

妊娠診断試薬、電子足輪の一部、レストランのように見える場所、正面に向かって立っている女性、血に濡れた手、6時50分で止まった壊れた置時計、最後に死んでいるジスを抱えているドンス、そしてイニシャルが刻まれた結婚指輪まで、これから起こる事件を描いた合計5枚のスケッチには手がかりだけがあった。いつ、どこで、誰が、何を、どうやって起きる事件なのかはわからず、ヒントを元に72時間以内に追跡して犯罪を防ぐしかなかった。

ドンスは結局、シヒョンの提案を受け入れて銀行が謝恩品として配った置時計、そして鍾路の近くにあるレストランという手がかりにより、スケッチの中の別の被害者と予測される女性の身元を把握することに成功した。しかし、その人は未来の被害者ではなくすでに1カ月前に2人組の暴漢に襲われた被害者だった。

事件発生まで時間があまり残っていない時刻、ドンスは「悪いことに、もうこれ以上は私たちが追える手掛かりがない」と挫折した。

同じ時刻、ジス(ユ・ダイン扮)はドンスが警護を任せた後輩の警察官ギョンテを引き離し、「話したいことがある」と言うキム・ドジン軍曹(イ・ドンゴン扮)と約束した。ドンスとシヒョンが追っている勢力が次のターゲットにした女性はまさにドジンの妻イ・スヨン(チュ・ミンギョン扮)だった。ジスとドンスはどのような理由で会うことにしたのだろうか。何よりもスケッチを介して自分の婚約者が死ぬということをあらかじめ知ったドンスが果たして今回の事件を解決しながら、恋人を最後まで守り抜くことができるのだろうか。




26日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ『スケッチ』(脚本カン・ヒョンソン、演出イム・テウ、制作ネオエンターテイメント、ドラマハウス)2話では刑事ユ・シヒョン(イ・ソンビン扮)が描いたスケッチが現実に起こった。彼女がカン・ドンス(RAIN扮)と一緒に追跡した被害者はキム・ドジン軍曹(イ・ドンゴン扮)の妻イ・スヨン(チュ・ミンギョン扮)でありカン・ドンスのあらゆる努力にもよらず婚約者ミン・ジス(ユ・ダイン扮)は死んだ。

1カ月前に発生した性暴行被害者の陳述をもとに犯人は2人組でありその中の1人が過去にカン・ドンスが逮捕したソ・ボヒョン(キム・スンフン扮)だという事実を知ったカン・ドンスとユ・シヒョンはソ・ボヒョンが働くカーセンターを訪れたが、そこにはミン・ジスがおり、カン・ドンスはミン・ジスを救おうとして犯人を逃してしまった。代わりに彼を追ったユ・シヒョンはソ・ボヒョンの攻撃に意識を失った。それでもカン・ドンスは「私の選択を後悔しません」とミン・ジスを守ったことによりスケッチの中の事件が終わったと思った。

その間、2人組のもう1人の犯人チョン・イルス(パク・ドゥシク扮)はターゲットにしていたイ・スヨンの家に1人で侵入して激しく抵抗する彼女を最終的に殺し、家から出ようとして逮捕された。自分が家を留守中に生涯守ってあげることを約束していた妻を守れなかったキム・ドジンは犯人に復讐するために警察署に向かった。そんなキム・ドジンの前に「私はあなたの望むものを与えることができる人だ」と未来を見ることができるという謎の男チャン・テジュン(チャン・ジニョン扮)が現れた。キム・ドジンの復讐の計画をすべて知っていた彼は「私があなたに生きる理由を与えよう」と新たな提案をした。

意識を取り戻して目を覚ましたユ・シヒョンは「昨日見たミン検事の服、スケッチと違っていた」と事件がまだ終わっていないことを予告した。そのとき、カン・ドンスとミン・ジスに襲い掛かる車が1台、カン・ドンスを轢いてミン・ジスを拉致した犯人はまさにソ・ボヒョンだった。スケッチによるとミン・ジスが死ぬまで1時間も残っていない時刻だった。

ところが、キム・ドジンがカン・ドンスより先にミン・ジスが拉致されている場所に到着してソ・ボヒョンを処断した。ミン・ジスは「奥様を殺したチョン・イルスは検挙され、一緒に企んだソ・ボヒョンは死にました。すべて終わりました」とキム・ドジンを慰めた。しかし、キム・ドジンは「終わっていません。これからが始まりです。あの男が言っていました、苦しい選択をしなければならと。申し訳ありません、ミン検事」と話した。まもなくカン・ドンスが現場を訪れたがミン・ジスはすでに死んでいた。結局、スケッチと一致した衝撃のエンディングだった。

キム・ドジンがどのような理由でミン・ジスまで殺したのだろうか。また、チャン・テジュンがキム・ドジンに提示した「あなたが生きるべき理由」とは何だろうか。結局、恋人を失ったカン・ドンスとキム・ドジンの2人の男の対立を予告する衝撃の展開で次回への好奇心を増幅させた。

source


『スケッチ』でイ・ドンゴンがユ・ダインを殺した後、次のターゲットに向かった。

1日に韓国で放送されたJTBC『スケッチ』では、キム・ドジン(イ・ドンゴン扮)がチャン・テジュン(チョン・ジニョン扮)の指示でミン・ジス(ユ・ダイン扮)を殺した。

この日、キム・ドジンが犯罪者に銃を撃つのを目撃したミン・ジスはキム・ドジンを説得したが、結局、彼は「申し訳ない」という言葉と一緒にミン・ジスを殺害した。

ミン・ジスが殺害された後に到着したカン・ドンス(RAIN扮)とユ・シヒョン(イ・ソンビン扮)は残酷な現場に驚愕し、現場からはキム・ドジンがすでに去っており、視聴者をもどかしくさせた。

一方、このようなキム・ドジンにチャン・テジュンは新しいターゲットの写真を渡した。それとともにチャン・テジュンは「その人を殺すことことにより数多くの人を救うことができる」とキム・ドジンをそそのかして次回への視聴者たちの好奇心を刺激している。



事件の顛末を知ったカン・ドンス(RAIN紛)とキム・ドジン(イ・ドンゴン紛)が対立を予告した中で、手に汗を握る緊張の連続が描かれた。

2人の残酷な運命はカン・ドンス(RAIN紛)が連鎖性犯罪者ソ・ボヒョン(キム・スンフン紛)を捕まえる代わりに水に落ちた婚約者ミン・ジス(ユ・ダイン紛)を救ったことから始まった。ソ・ボヒョンと共犯だったチョン・イルス(パク・ドゥシク紛)がキム・ドジンの妻スヨン(チュ・ミンギョン)を殺害して、妻を失って生きていく目的を失ったキム・ドジンはチャン・テジュン(チョン・ジニョン紛)と手を組んで、未来の犯罪者を清算する。問題はソ・ボヒョンを処断する過程で目撃者あるミン・ジスまで殺してしまったことだった。

愛する人と永遠に幸せになると思っていた2人の男は、もうこれ以上失うものがない男になった。そして絶望の末にお互いに向かって銃口を向けた。しかし2人の温度差は克明に分かれた。カン・ドンスは犯罪の現場で根性で耐えてきた熱血刑事だった。ミン・ジスの死に怒って絶叫し、キム・ドジンにも荒く襲い掛かった。

一方、特殊戦司令部出身のキム・ドジンはすでに冷血な殺し屋になっていた。ミン・ジスを殺した犯人がキム・ドジンだという事実を知ったカン・ドンスが怒りながら殺害の理由を尋ねたが、キム・ドジンはナム・ソヌ(キム・ヒョンムク紛)を先に処理するとして一抹の罪悪感も感じない姿を見せた。

「人はいつかすべて死ぬ。重要なのは死ではなく、死ぬまでどんな時間を過ごしたかということだ」と動揺しなかった。

2人の対決は因果律による変数による事件の連続だ。予測不可能な出来事が彼らの前で起きた。妻を殺したチョン・イルス(パク・ドゥシク紛)と数百人の命を奪う可能性がある致命的な欠陥のある新薬の発売を控えたナム・ソヌ(キム・ヒョンムク紛)をターゲットにしているキム・ドジン、チョン・イルスを脱獄させると同時にユ・シヒョンを拉致したチョン・イルスの兄チョン・イル(キム・ヨンヒ紛)、チョン・イルを仕向けてキム・ドジンを捕まえる計画のナム・ソヌ、そして死が予見されたユ・シヒョンを探すナビチームとカン・ドンスまで。因果律に囲まれた彼らの本格的な対決はこれからが始まりだ。



『スケッチ』のRAINが今度は冷静な頭脳プレイで拉致されたイ・ソンビンを見つけ出した。

9日の午後に放送されたJTBC金土ドラマ『スケッチ』では拉致されたユ・シヒョン(イ・ソンビン)を救うために容疑者チョン・イル(キム・ヨンヒ)を追うカン・ドンス(RAIN)とナビチーム、そしてユ・シヒョンの兄のユ・シジュン(イ・スンジュ)検事の姿が描かれた。

拉致されたユ・シヒョンを救うためにナビチームのムン・ジェヒョン(カン・シンイル)課長はオ博士(パク・ソングン)を拉致し、監禁した疑いで逮捕されていたカン・ドンスを訪れた。ユ・シヒョンを救うことができる唯一の人だと思っていたからだ。同じ時刻、ユ・シジュン検事がオ博士を訪ねてカン・ドンスに関する証言を撤回させ、これにカン・ドンスは釈放されナビチームと協力し始めた。

カン・ドンスはスケッチを手がかりにチョン・イルがいる場所をつきとめ彼を尾行した。そして、わざとチョン・イルの車にぶつかりいけずうずうしく詐欺師のふりをして、こっそり携帯電話を車に付け位置を追跡した。しかし、チョン・イルが給油をしている途中に携帯電話を発見し、彼を逃してしまう雰囲気になった。

しかし、カン・ドンスはチョン・イルの車で見たお弁当のビニール袋を思い出した。オ・ヨンシム(イム・ファヨン)に電話して「護送車襲撃なんて簡単ではありません。少なくとも1日や2日くらいは集まって準備をしたと思います。おそらく臨時の居所も作っておいてあるでしょう。そこに滞在しながら、彼らにとって必ず必要だったのは何でしょうか?それは食べる物です」と近所のお弁当チェーン店の検索を要請した。

その頃、拉致されたユ・シヒョンはチョン・イルが落とした眼鏡のレンズでロープを切って反撃した。しかし、銃で撃たれた足で遠くへは行けず、キャビネットの中に隠れたが現場に到着したチョン・イルに見つかった。再び絶体絶命の危機に瀕した瞬間、カン・ドンスが現れた。「ここにいる人間、誰1人として歩いて出て行けない」とエキサイティングなエンディングを飾った。

一方、この日の放送ではユ・シヒョンのつらい過去が明らかになった。子供の頃のユ・シヒョンは友達のヨンヒに自分のスケッチを初めて見せて秘密を明らかにした。ユ・シヒョンとヨンヒはスケッチから同じクラスの友達を見つけて家を訪ねて行った。

そこで父親に虐待にあって死んだ友達を見て、突然入ってきた父親から逃げた。しかし、この過程で最終的にスケッチで描かれたようにヨンヒは命を失った。



9日に放送されたJTBC金土ドラマ『スケッチ』(脚本カン・ヒョンソン、演出イム・テウ)6話ではカン・ドンス(RAIN)とキム・ドジン(イ・ドンゴン)がナム・ソンウ(キム・ヒョンムク)によって拉致され、これにユ・シヒョン(イ・ソンビン)が自分の死を予告するスケッチが終わっていないにも関わらずカン・ドンスを救うために動いて緊張感を爆発させた。

カン・ドンスはチョン・イル(キム・ヨンヒ)が拉致したユ・シヒョンを救い、チョン・イルス(パク・ドゥシク)を遮るために現場に来たキム・ドジンはカン・ドンスと向き合うことになった。

キム・ドジンはカン・ドンスに「そっちなら理解くれるだろう」とチョン・イルスを殺害し、カン・ドンスは「そうだ。理解する。だからお前も理解しろ。俺がお前を殺すのを」と警告した。再び息をのむ血闘が続く中、謎の男たちが登場し、キム・ドジンを拉致した。キム・ドジンを拉致した人はナム・ソンウだった。妻を殺したチョン・イルスがいる所にキム・ドジンが現れることを予想していた。そしてキム・ドジンを餌にカン・ドンスにはオ博士(パク・ソングン)が新薬の副作用を集めた資料を探してこいと言った。しかし、ナム・ソンウの計画はここで終わりではなかった。オ博士を殺害した後、カン・ドンスに濡れ衣を着せようとした。結局、オ博士はナム・ソンウがすり替えた薬を飲んでカン・ドンスの前で倒れた。

オ博士が死んだと言うカン・ドンスにナム・ソンウは水を渡した。続いてカン・ドンスがオ博士を圧迫した時に撮影した写真を渡して本性を表わし、その時に初めてカン・ドンスはナム・ソンウの計画に気づいたが、もう遅かった。ナム・ソンウは「カン刑事が飲んだ薬は、非常に強力な筋肉弛緩剤だ。意識ははっきりしていても指先1つ動かすのも難しいだろう」と言い、「愛する人を失って復讐心に燃え、刑事がオ博士を殺し、敵のキム・ドジンと戦って2人が共に死ぬ。シナリオはどうだ?もっともらしいだろう?」と本当の計画を話した。

しかし、その頃、ユ・シヒョンは倒れたオ博士を訪ねて「もう起きて大丈夫です」と言った。カン・ドンスはナム・ソンウが罠を仕掛けたことを事前に知っていた。これを利用しキム・ドジンを見つけるつもりで、位置追跡機をつけナム・ソンウに拉致されるように仕組んだ。しかし、「君達の計画に非常に大きな穴があいているということを知らせる人」とチャン・テジュン(チョン・ジニョン)がナム・ソンウに発信者番号非表示で電話をした。

「オ博士とキム・ドジンの死をカン・ドンス刑事のせいにした後、カン・ドンス刑事まで排除する」というナム・ソンウの計画をすべて知っていた。

カン・ドンスの罠にはまったと悟ったナム・ソンウはカン・ドンスの位置追跡機を捨て、後を追うムン・ジェヒョン課長(カン・シンイル)とユ・シジュン検事(イ・スンジュ)の追っ手から逃れた。事実を知ったユ・シヒョンは「あとは私しかいない」と現場に出る準備をした。オ・ヨンシム(イム・ファヨン)は「あなたが死ぬ。今出て行けばあなたが死んでしまう」と叫んだが、ユ・シヒョンは「私は耐えられない。また、私の周りの人が私の目の前で死ぬなんて、これ以上耐えられない」と走っていった。結局、キム・ドジンが拉致されている場所に連れて行かれたカン・ドンス。そして、その場所がユ・シヒョンのスケッチの中で彼女の死を予告していた場所ということに気付き、鳥肌が立つエンディングで幕を閉じた。

source







ダイヤモンドの恋人 DVD-BOX1



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピ(RAIN) - 『MY LIFE 愛』[ミニ等身大同梱1種] 【国内発送】
価格:1680円(税込、送料別) (2017/12/22時点)













by pipi-rain | 2018-06-14 16:49 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rainstorm.exblog.jp/tb/29555240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< RAIN ドラマ スケッチ 本... ファンカメ RAIN >>