2010年 11月 07日 ( 1 )

逃亡者がおもしろくなってRAINが好きになった理由

年末の[Adieu 2010 with Rain]コンサートのファンクラブの申し込みお疲れ様でした
結果はいつでるのでしょうか?メールでの申し込みたいへんでしたね。多くの申し込まれた方が
チケットゲットできますように・・・年末、、RAINと年越しなんて、なんと素晴らしいのでしょう
来年はRAINにとってもファンにとってもとても大切な年となるので、こんな企画をたててくれて嬉しいですね。。でも年末年始は、、参加できない。。。
以前お正月にロッテワールドに行ったことがありますが、思いっきり寒くてホテルから外に出るのも
下が凍っていた出られないときがありました。今年はどうなのかなあ~いやいやRAINのためなら寒いなんて言ってられないですよね053.gif


逃亡者がおもしろくなってRAINが好きになった理由
[ブログ]ハジェグンウイTVの話
c0047605_23583871.jpg

c0047605_839166.jpgにほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
053.gif↑1日1回 クリックお願いします040.gif040.gif少しの間あけていてくださいね

c0047605_19491831.gif←フォローしていただけると更新をお知らせします








c0047605_2359856.jpg
最近になって<逃亡者>が非常におもしろくなった。 視聴者たちの評も目に見えて変わった。 序盤の演技が未熟だという悔しいの指摘を聞いた雨の評価も変わった。 ピは最近、 ネチズン の非感の代表走者の資格なのにそのような彼の評価も変わったのは、 ドラマ <逃亡者>の力はかなり緊張している音だ。

なぜだろう?

理由は簡単である。 逃亡者は、これ以上の逃走通らないからだ。 この 作品は、序盤にこの国はその国のまとまり円で逃走歩く姿を見せてくれた。

ハリウッドの方は楽しんできて逃げて通うこともできる。 お金が多いからだ。 韓国ドラマは、それが難しい。 ただ、二人が飛び回って打って受けて、また飛び回ってsparring場面だけ繰り返されただけだ。

これでかなりのレベルのアクションマニアではなく、複数の棒に没頭することができない。 劇場 映画の 興行もやたら見どころだけをずっと続くよりも、ドラマが密度のある作品が大ヒットする傾向がある。

制作費をたくさん入れたの劇場映画もところで別に見どころを与えることのない韓国ドラマは、より多くの言うまでもない。 <逃亡者>では、チョンドゥホン 武術監督との イベントの アクションをはじめ、数回 キラキラは、アクション場面があったが、あまりにも伸びる追撃戦と試みるもなく、量的に圧倒するアクションのせいで、その良さがすべてを望んだ。

c0047605_23595893.jpg

<本>シリーズや<おじさん>のように電撃的な単打アクションが呼応受ける時代だ。
垂れる拳の戦いは、力を発揮することができない。
むしろ、何回か念を入れたアクションに 圧縮するのではなく、質的な インパクトを与えるようだったらもっと良かっただろう。

最近になって<逃亡者>は、のび〜逃げていないの代わりに、人物間の関係の密度が生じている。
ドラマが緻密になるのだ。 すると作品の楽しさが生じている。

それにもかかわらず、視聴率に大きな 弾みを受けられないのは、今のところは中壮年層の主婦が選択さいうには精神の野生の作品だからだ。

<逃亡者>は、若いチュンエゲン垂れて、中壮年層にはナンサプハン作品だった。
そうだったのが もう 下垂とりながら、若年層に アピールしているが、中高年層にはまだ見慣れない。
中高年層は、基本的に落ち着いた展開のドラマを好む。 没入できる人間的な関係の展開も必要である。

デフォルトでは、中高年層の主婦にドラマとは 皿洗いしながら、 おかずの通りトリミングしながらチラチラ見ても理解することができるものでなければならない。
さらに一回程度ペモクオも流れに沿って行くのに支障がないこと。
そうするには<逃亡者>は、あまりにも速く、、複雑だった。 しかも字幕まで出てきた!
家事に字幕 放送が出れば、『約困るだけだ。

だから<逃亡者>は、平価切下げされ、見所が高い場合滅びた大半の韓国型ブロックバスターのような扱いを受けた。
しかし、<逃亡者>は、絶対にそのように無意味な仕事ではない。
この作品は、韓国ドラマでは非常に 特別な物語を見せてくれて、特別な達成までになっている。

このように軽快な諜報エクショングクがこの程度の スケールで扱われること自体が私たちのドラマでは、一つの事件である。
しかもその表現が'チョンスロプジ'はない。 どのような点では<アイリス>よりも高い評価を受けても可能だ。

<アイリス>が 成功したのは話が着々と 風邪には味があったからだ。 別の言い方をすればいい加減にジルチョクジルチョクヘトダ。 イビョンホンの人間的な物語、イビョンホンとキムテヒ、キムソヨンの切ない三角関係、 友人 間の義理と裏切りなど<アイリス>円人間的に打ち込むだけの話や キャラクターがあった。

一方、<逃亡者>は、極めて乾燥していた。
私は、この点の得点を高く与えたいと思う。 しかし、乾燥した作品は、人間的な没入を 誘導していないため、視聴率ギョンジェンエン分離するしかない。 主人公の雨の 性格も極めて不透明で、過度にクールだった。 すべてのことを処理するチョクチョクバクサとして、危機感を与えなかった。

最近になってRAINが少しずつ自分の気持ちを表している。RAINとイナヨンの間の関係にも進展がある。 中に不明な万能チョクチョクバクサ 漫画の主人公で、心もあり、危機に陥ることもして言えば『人』等しくなるとする。 これでは没入度が高まることになる。 これが面白く感じられるのは、もう一つの理由だ。 ピの演技に賛辞がヌルウンも、キャラクターの没入度が大きくなったことと関係が深い。 もちろん、もう一つの理由は、前に話したように、ドラマの密度が高くなったからだ。

いつまでも大引けドラマやそれとも適当にジルチョクジルチョクハン 人間関係のドラマだけを見るのだろうか。 そういう意味では<逃亡者>の試みは新鮮だ。 この作品が市場でも成功をおさめて、より多様な作品をより多く見られるのを期待する。

source

c0047605_032784.jpg
c0047605_033951.jpg
c0047605_034670.jpg
c0047605_035355.jpg


プクさんがこのパロディ架空の表紙を訳してくださいました
c0047605_055634.jpg

☆LIFE 
本誌独占公開 ジウ&ジニのラブハウス
 ~鳥肌がたつほどのラブラブカップルJJのあま~い田舎生活
☆ISSUE 
逃亡者PlanBの脚本家、監督の言えない内情
☆PEOPLE
金でつながった縁 ハンジミン,ナカムラ
☆JOB
PIAの世界
※PIA・・私設情報管理士(Private Investigation Administrator)ジウの仕事です☆

☆LOVE
ドス♡ソラン
~スンデ汁に蜂蜜を入れると、愛が育ちます
☆BEAUTY
秋には私も白雪王子
ジウに聞く、神秘のホワイトニング
☆FASION
スターのアイテム
ジニのスタイル
~強い女の大事なアイテム
☆JOURNEY
ボン・ダンカップル(隊の探偵さん二人組?)と一緒に
タイでの一夜
☆gift
ジウの雑学事典AtoZ

※ISSUEの所の一行目は、よく分からないです(>_<)


Rain six to five took a picture of the Alps Landscape / Rain(ピ) [DVD]
Rain six to five took a picture of the Alps Landscape / Rain(ピ) [DVD]
2009年6月に香港で行われた「RAIN’S FASHON CONCERT」の模様を収めたライブDVD
Rain自身がプロデュースするアパレルブランド「Six to Five」のアルプスで撮影されたファッションフォトアルバムと、
そのドキュメンタリー映像を収めたDVDをセットにしたファン必携のセット、全国発売決定!

◇Rain six to five took a picture of the Alps Landscape / Rain(ピ)

*本国所属プロダクション「J-Tunes」社製の世界で唯一入手できるプレミアム写真集
*写真集は137ページの豪華版。ファン必携アイテム!
*ライブDVDには8曲を収録!


クレアスタ 創刊 (vol.1)-RAIN/MBLAQ/CNBLUE/ソン・スンホン←購入はこちらをクリック
クレアスタ 創刊 (vol.1)-RAIN/MBLAQ/CNBLUE/ソン・スンホン
内容紹介
Interview & Photomagazine
『クレアスタ~Crazy for Asian Star~』
~アジアスターに夢中~
2010年10月18日、ついに創刊!


ソウルの歩き方 韓流トラベラー Vol.1 (地球の歩き方MOOK)
ソウルの歩き方 韓流トラベラー Vol.1 (地球の歩き方MOOK)


予約 ピ (Rain) の『逃亡者Plan B OST (ポスター付き)





これ1台で簡単・節約・自炊!HOTデシュラン(ホットデシュラン)
これ1台で簡単・節約・自炊!HOTデシュラン(ホットデシュラン)

ますだ式ダジャレで覚える韓国語

ますだ式ダジャレで覚える韓国語
by pipi-rain | 2010-11-07 00:15 | Rain(ピ) | Trackback | Comments(13)